印刷機構(続編1)

前回では印刷用のプレヴューが立ち上がる所まで確認しました、これから更に印刷用紙設定と文字の大きさ種類が手動で正確にはプログラムから自動的に設定できる手段を組み込みますがこれらの機能で印刷中でも動的に印刷用紙を変える事が可能になります。普通はシステム側にある印刷設定ダイアログからしか用紙の設定は出来ません。

STEP11

FormVewの最終的なメッセージマップのリストです

step11

STEP12

この部分はメインフレームから発行されたメッセージを受け取る個所で印刷は此処から始まります、ですから項目13行にある関数が印刷実行の引き金になります。

step12

STEP13

項目6行は印刷プレビユーが開いた時に表示される枚数を意味します。

step13

STEP14

印刷で用紙の状況をシステムから取得し又は設定します。

step14

STEP15

項目69ぎょうからがBMPのカラー印刷を行う部分です。

step15

STEP16

フッターの印刷を行います。

step16

STEP17

印刷用紙のサイズを指定します

step17
step17-1

STEP18

文字の種類を設定します。

step18

STEP19

ここからが印刷用メンバー関数の追加になります。

step19

STEP20

step20

STEP21

step21

STEP22

step22

STEP23

step23

STEP24

step24

STEP25

step25

終了

step26
やっと印刷が出来ました、後は貴方が追加して下さい