MSFS A320 FLIGHT TRAINING MANUAL

NORMAL OPERATIONS PRE START

FMGSプログラミングでは、ナビゲーションデータを挿入した後、パフォーマンスデータを挿入します。以下の点に注意してください。

  • 枠で囲まれたフィールドは必ず入力すること
  • 青色のフィールドは、入力が許可されていることを乗組員に知らせる
  • 緑のフィールドはFMSが生成したデータに使用され、変更できない。
  • マゼンタの文字は、FMSが達成しようとする制限(高度、速度、時間)を示します。
  • 達成しようとします。
  • 黄色い文字は、一時的なフライトプランの表示を示す
  • 琥珀色の文字は、表示されている項目が重要であり、早急な対応が必要であることを示します。
  • すぐに行動を起こす必要があることを示します。
  • 小さいフォントは、FMSで計算されたデータであることを示します。
  • 大きいフォントは、手動で入力されたデータであることを示します。

この入力順序が最も実用的である。INIT Aの直後にINIT Bを入力してはいけません。
FMGSがF-PLN予測の計算を開始してしまうため、INIT Aの直後にINIT Bを埋めるべきではありません。

この計算は、入力手順に従います。
正しい予測を得るためには、各ページのフィールドを正しく記入し、フライトの計画データを利用する必要があります。

  • DATA データベースの有効性、ナビやウェイポイント(前回のフライトで保存されている場合もあります)。
    とPERF FACTORはSTATUSページで確認する必要があります。
  • INIT A INIT A “ページでは、航空機の現在の位置にアクセスできます。フライトクルーは実際の航空機の位置と一致していることを確認します。(参照:NO-020 ADIRS初期化を参照)。) ヒストリーウィンドは前回の降下中に遭遇した垂直方向の風のプロファイルです。
    前の降下中に遭遇した垂直風のプロファイルであり、次のフライトの垂直風プロファイルを代表するものであれば、この段階で入力すべきである。
    次のフライトの垂直風プロファイルを代表するものであれば、この段階で入力する必要があります。
  • F-PLNのAページは、以下の内容をしっかりと記入する。

-離陸滑走路
-SID
-高度と速度の制約
-クルーズウェイポイントへの正確な移行
-コンピューター・フライトプラン(CFP)に従った、意図されたステップの上昇/下降。

時間が許せば、フライトプランに沿った風のプロファイルを垂直方向に挿入することもできます。
リビジョン・スルー・ウィンド・プロンプト
乗務員はルート全体の距離(F-PLNページの6行目)とCFPの距離を確認します。
ページの6行目)とCFP距離を比較してください。

  • SEC F-PLN

SEC F-PLNは、離陸のための代替滑走路、出発飛行場への帰還、またはルーティングを検討するために使用されるべきである。
SEC F-PLNは、離陸のための代替滑走路、出発飛行場への帰還、または離陸代替地点へのルーティングを検討する際に使用する。

  • RAD NAV RAD NAV ページがチェックされており、必要な NAVAID は ident を使って手動で入力する必要がある。identを使って手動で入力する必要があります。NOTAMでNAVAIDが信頼できないと報告されている場合は、MCDでMCDU DATA/POSITION MONITOR/SEL NAVAIDページで選択を解除しなければならない。
  • INIT B フライトクルーは予想されるZFWCG/ZFWとブロック燃料を挿入し、F-PLNの計算を初期化します。
    計算を開始します。燃料の数値が飛行準備の燃料数値と一致しているか確認します。フライトクルーはロードシートを受け取り、重量とCGを更新します。エンジンスタート後、INIT Bページは利用できなくなります。
  • PERF

推力低下高度/加速高度(THR RED /ACC)は、デフォルトで1,500フィートに設定されています。
デフォルトは1,500フィート、または航空会社のポリシーで定められた値に設定されています。THR RED/ACCは
必要に応じて、PERF TAKE-OFFページで変更することができます。フライトクルーは
騒音防止のための手順を考慮する必要があります。
ワン・エンジン・アウト時の加速高度は以下の通りです。
– 空港高度から少なくとも400ft以上の高さ
– 正味の飛行経路が障害物から35ft上にあること。
– 離陸推力の最大時間を超えないようにする。
そのため、一般的に1エンジン・アウト加速高度には最小値と最大値があります。
加速高度の値があります。最小値は最初の2つの基準を満たしています。最大値は
最大値は最後の基準を満たします。この2つの間のどの値でもよい保持することができます。
エンジン停止時の加速高度は通常1,500 ft AGLに設定されています。
必要に応じて更新されます。
フライトクルーはPERF CLBページを使用して速度を事前に選択します。例えば、「グリーン
ドット “の速度は離陸後の急旋回のためのものです。
また、クルーはPROGページでCRZ FL、MAX REC FL、OPT FLを確認することができます。
FLを確認することができます。
FMGSのプログラムが完了したら、PNFは離陸ブリーフィングの前に情報をクロスチェックします。
PNFは離陸時のブリーフィングの前に情報をクロスチェックする。
予測が可能になったら、乗務員はPREFLIGHT DATA r*を印刷することができます。
このリストには、フライトの初期段階で使用できるすべての予測値が記載されています。

TAKE-OFF BRIEFING

PFは、フライトクルーの作業量が許す限り、ゲートで離陸時のブリーフィングを行うべきです。
搭乗員の作業量が許せば、コックピットの準備が完了し、エンジン始動前に行う。
離陸時のブリーフィングは、関連性があり、簡潔で時系列的であるべきです。主なパラメータが主なパラメータがPFで言及されている場合、両乗務員はそのパラメータが正しく設定されているかどうかを確認しなければなりません。
パラメーターが正しく設定されているか、プログラムされているかを確認する必要があります。離陸時のブリーフィングは以下をカバーしています。


以下のことを行う。
予測が可能になったら、乗務員はPREFLIGHT DATA r*を印刷することができます。
このリストには、フライトの初期段階で使用できるすべての予測値が記載されていて印刷することができます。

Take off briefing with associated checks

1- Miscellaneous

航空機の種類とモデル(テールストライクの認識
航空機の技術的状況(MELとCDLの検討、関連するOEB)
NOTAMS
天候
RWYの状況
ENG/Wing Anti Iceの使用
ENGスタート手順
プッシュバック
予想されるタクシークリアランス
レーダーの使用について
離陸時のパックの使用

2- INIT B Page

ブロック燃料(1) (FOB on EW/D)
推定TOW
目的地での超過時間

3- Takeoff Perf Page

TO RWY
TO CONF
FLEX / TOGA (1) (E/WDにFLEX TOGA)
V1, VR, V2 (1) (PFD上のV1, V2)
TRANS ALT
THR RED / ACC Altitude

4- Flight Plan

最低安全高度
最初に割り当てられたFL(1)(PFD上の青色の目標高度
Flight Plan description (1) (MCDU FPLNページのSID)
RAD NAV (1) (NDのRAD NAV)

5- Abnormal Operations

V1.以前の故障の場合CAPTは “STOP “または “GO “とコールします。
V1.以降の失敗の場合TOを継続し、400フィートAGLまではギアアップ以外の行動はしない

高度400フィートに達した場合、ECAMアクション
EO ACC高度に達した場合、ECAMを停止し、ALTを押し、加速して片付ける
緑の点で OP CLB、MCT、ECAM継続、TO C/L後、ステータス
ENG OUTのルーティング。EOSID、SID、レーダーベクトル、即時帰還..

FMS UPDATING

ロードシートとトリムシートがあれば、クルーは

  • aFWCG/ZFW を更新する。
  • TOWがロードシートと一致しているか確認
  • 更新された燃料の数値を確認する。
  • 必要に応じてFLEX TEMPとテイクオフ・スピードを変更する。
  • PERF TAKE OFFページにTHSの位置を入力する。

予測が可能になったら、クルーは飛行前のデータを印刷します。

COCKPIT PREPARATION

FLOW PATTERN

スキャンパターンは、パイロットのステータス(PF、PNF、CM1、CM2など)や担当エリアによって異なります。

1.オーバーヘッドパネル ホワイトライトの消灯
2.センターインストルメントパネル
3.ペデスタル
4.FMGSの準備、両パイロットが着席したら
5.グレアシールド
6.ラテラルコンソールとCM1/CM2パネル

FMGS PROGRAMMING

FMGSのプログラミングでは、ナビゲーションデータを挿入した後に、パフォーマンスデータを挿入します。ここで注意すべきことは

  • 箱型のフィールドは必ず入力すること
  • 青色のフィールドは、入力が許可されていることを乗組員に知らせる
  • 緑のフィールドはFMSが生成したデータに使用され、変更できない。
  • マゼンタの文字は、FMSが達成しようとする制限(高度、速度、時間)を示します。
  • 達成しようとします。
  • 黄色い文字は、一時的なフライトプランの表示を示します。