DCS A-10C WARTHOG Flight Manual

A-10Cのコックピットには、3つの主要計器パネルがあり、飛行パラメータ、航空機システムの状態、エンジンの状態、コントロールポジション、システム警告を表示するゲージやインジケータが設置されている。A-10Cのコックピットはシングルパイロットで運用されているため、すべてのフライトおよびウェポンシステムのコントロールはパイロットがすぐにアクセスできるようになっていなければならない。そのため、コックピットはかなり混雑しており、最初は非常に威圧感があります。しかし、このマニュアルを読んで練習すれば、コックピットがホームオフィスのように感じられるようになるでしょう。2台のマルチファンクション・カラー・ディスプレイ(MFCD)が追加されたことで、旧型のA-10Aと比べて操作の多くが合理化・簡略化されました。しかし、多くのMFCDページとHUDモードの学習は必須となります。
このマニュアルでは、最初の数章はすべてのシステムの参考データに充てられています。このマニュアルでは、最初の数章で各システムのリファレンスデータを紹介し、後半では、これらの機能をどのように操作するかを説明します。システムとその操作機能を最もよく理解するために、各章を相互に参照するとよいでしょう。
コックピット内のコントロールの多くは、マウスを重ねるとポップアップでツールチップが表示されます。これは、コックピット内の多くのコントロール機能を覚えようとするときに便利です。これらのツールチップは、オプションメニューで表示・非表示を切り替えることができます。
マウスを使って、多くのコントロールを操作することができます。これには次のようなものがあります。

  • マウスの左クリックでスイッチやボタンを切り替える
  • マウスの左クリックまたは右クリックで回転ダイヤルを回転させる
  • マウスホイールを回してノブを回転させる
  • 左クリック&ドラッグでつまみを回す

操作可能なコントロールの上にマウスを置くと、カーソルが緑色に変わり、可能なアクションの種類を示すアイコンが表示されます。すべてのマウスクリック機能には、キーボードでの操作に相当するものがあり、キーボード入力コントロールリストで確認することができます。これらのキーボードコマンドは、本マニュアルでは青色で表示されています。
コックピットの主要部分を見てみましょう。
主要な飛行計器は、フロントダッシュのヘッドアップディスプレイ(HUD)の下にあります。

Control Stick

操縦桿の主な機能は、機体を操縦するためのピッチとロールの指令を出すことである。スティックを押したり引いたりすることで機体のピッチ(エレベータを動かす)を、スティックを左右に動かすことでロール(エルロンを動かす)を入力します。
なお、ピッチとロールのスティックニュートラルの設定は、トリムハットで調整することもできます。
スティックにはいくつかのボタンやハットがあり、スティックから手を離さずにA-10Cのさまざまなシステムを操作することができます。A-10Cのスティックは、F-4「ファントムII」の操縦桿をベースにした旧型のA-10Aのスティックとは異なる。一方、A-10CのスティックはF-16「バイパー」のスティックをベースにしている。A-10Cのスティックは、F-16のスティックのように側面に取り付けられた圧力ベースのスティックではなく、A-10Aのスティックのように中央に取り付けられたフルモーションのスティックである。


選択されたSensor Of Interest(SOI)に応じて、スティックのスイッチやボタンの多くは複数の機能を持つことができます。SOIを設定する最も一般的な方法は、スロットルのCoolie Hatを使用することである。SOIには次のようなものがあります。

  • TAD(Tactical Awareness Display)アクティブ
  • ターゲティングポッド(TGP)-ヘッドアップディスプレイ(HUD
  • AIM-9空対空ミサイル
  • AGM-65マーベリック空対地ミサイル(MAV)
  • ヘッドアップディスプレイ(HUD)
  • AIM-9 Air-to-Air Missile(エイム9空対空ミサイル
  • AGM-65マーベリック空対地ミサイル(MAV)

また、ボタンやスイッチの多くは、短時間または長時間(1秒以上)押し続けることで別の機能を発揮します。これには次のようなものがあります。

注:PAC(Precision Attitude Control)システムは、シングルステージのトリガーに割り当てて、キャノンが発射されたときに有効にすることができます。2段トリガーのジョイスティックをお持ちの方は、第1段にPACを、第2段にキャノン砲を割り当てることができます。
ご自宅にプログラマブルコントロールスティックがあれば、これらの設定に合わせてプログラムすることができます。オプション画面のインプットコントロールマネージャーで設定できます。

Throttles

スロットルは、2基のTF-34-GE-100Aエンジンの推力をコントロールするための主要な手段です。推力を大きくしたいときはスロットルを前に出し、小さくしたいときはスロットルを後ろに戻します。左右のスロットルが両方とも後ろに下がっているときは、エンジンが停止(オフ)しています。しかし、スロットルを前進させて “こぶ “を越えると、オートスタートが開始され(他のスタートアップ手順が最初に完了していることが前提)、エンジンはIDLE出力になります。
左スロットルは旧型のA-10Aに搭載されていたもの、右スロットルはF-15E “ストライク・イーグル “のものを使用している。

  • リンクスロットルアップ
  • 連動スロットルダウン
  • 左スロットルアップ
  • 左スロットルダウン
  • 右スロットルアップ
  • 右スロットルダウン

スロットルの上には、航空機のシステムを操作するためのスイッチやボタンがあります。操縦桿と同じように、スイッチやボタンの機能は、選択したセンサーオブインタレスト(SOI)に応じて変化します。SOIを設定するには、スロットルに付いているクーリーハットを使うのが一般的です。また、コントロールスティックと同様に、入力された時間(短いか長いか)によってコントロールの出力機能が決まります。SOIに応じたスロットルの機能は以下の通りです。

Front Dash

コックピットの前方エリアには、さまざまな計器、ゲージ、ディスプレイ、コントロールが配置されています。前方のダッシュは、主に左、中央、右、上の4つのエリアに分かれています。それぞれについて詳しく説明します。

Left Front Dash

  1. 左エンジン「Tハンドル」消火器排出セレクト
  2. レーダー警報受信機(RWR)表示
  3. 対気速度計
  4. 待機姿勢表示器(SAI
  5. UHF周波数リピータ
  6. 迎角(AoA)表示器
  7. デジタル時計
  8. 緊急停止ボタン
  9. 左マルチファンクションカラーディスプレイ(MFCD
  10. ランディングギアとフラップのコントロールパネル
  11. アーマメントHUDコントロールパネル(AHCP
  12. HARS(Heading Attitude Reference System)高速起動スイッチ
  13. ガンアームとノーズホイールのステアリングライト

Left Engine “T-Handle” Fire Extinguisher Discharge Select

このT字型のハンドルは、フロントダッシュの左側、HUDの下にあります。左エンジンで火災が発生すると、ハンドルが点灯して火災が発生したことを示します。T字型ハンドルを引くことで、消火器排出スイッチを押した後に消火剤が送られる場所を指定します。

Radar Warning Receiver (RWR) Display

方位角表示は円形のディスプレイで、自機周辺のレーダーエミッターを視覚的に表示します。このディスプレイは、ミサイル発射を検知した場合にも方位を表示します。このディスプレイについて詳しく知りたい方は、「防御システム」の章を参照してください。

Airspeed Indicator

表示される対気速度は100ノット単位で、最大表示は550ノット、10ノット単位で刻み込まれている。白実の指針は現在の対気速度を、黒と白のストライプの指針は高度に応じた最大対気速度を示す。回転ドラムは、メインダイアルの小数点を表示します。

  1. 現在の対気速度
  2. 最大速度
  3. 小数点以下の回転数
    200ノットの黄色い線は、フラップとギアの最大伸長速度を表しています。

Standby Attitude Indicator (SAI)

ADIの基本的な機能を反映し、独立した姿勢検証を行うバックアップです。電源が入っていない場合やゲージがケージされている場合は、ゲージの左側にOFFの警告フラグが表示されます。
また、ゲージの右下には「PULL TO CAGE」と書かれたノブがあり、これを引っ張ることでゲージをケージに入れることができます。

  1. OFF警告フラグ
  2. ケージノブ

UHF Frequency Repeater

AN/ARC-164 UHFラジオコントロールヘッドにプリセットされているUHF周波数が、このインジケーターに繰り返し表示されます。

Angle of Attack Indicator

迎え角とは、航空機の縦軸と相対する風の差を測定するものである。A-10Cでは主翼の羽根でこれを測定している。
迎え角ゲージは、この角度を0〜30単位で表示し、ゲージの目盛りを1単位としている。ゲージの中心から伸びるポインターは、電源が入っていないとき以外は現在の迎角を指している。電源が入っていないときは、ゲージの右側に赤いOFFフラグが表示されます。電源が入っていない状態では、ポインタはデフォルトで0単位になります。

  1. 現在の迎え角
  2. OFF警告フラグ(上の写真には写っていません

Digital Clock

デジタル時計は、HH:MM:SS形式で表示され、下部には秒が表示されます。また、デジタル秒針が回転し、ディスプレイの外周に秒が表示されます。
時計の前面にある2つのプッシュボタンで動作モードを選択します。ボタンには、セレクトを意味する「SEL」とコントロールを意味する「CTRL」のラベルが貼られています。これらのボタンにはさまざまな機能があります。

  • CLOCK MODE(デフォルト)では、”C “で示されるように現在の時刻を表示します。
  • ELAPSED TIME MODEは、00:00:00からカウントアップした経過時間を “ET “で表示します。
    時計の仕組みは次のようになっています。
  • 時計モード時にSELボタンを押すと、経過時間モードに切り替わります。
  • 経過時間モードのとき、SELボタンで時計モードに切り替え
  • 時計モードの時、CTRLボタンは機能しない
    経過時間モードでは、CTRLボタンはタイマーのスタート、ストップ、リセットに使用します。1回目に押すとタイマーがスタートし、2回目に押すとタイマーがストップし、3回目に押すとタイマーがゼロにリセットされます。
  1. 選択ボタン
  2. 操作ボタン

Emergency Jettison Button

ステーション1から11までのすべてのストア(ターゲティング・ポッドとECMポッドを除く)を即座に噴射するには、フロント・ダッシュの左上にあるEXT STORES JETTボタンを押してください。ボタンを押すと、ランディング・ギア・ハンドルの位置に関わらず、すべてのストアがステーションの優先順位に従って放出されます。

Left Multifunction Color Display (MFCD)

A-10Cには2台の多機能カラーディスプレイ(MFCD)が搭載されており、複数のシステムページ(DTS、TAD、DSMSなど)を表示することができる。MFCDに表示される情報は、CICU(Central Interface Control Unit)から得られる。MFCDは、武装HUDコントロールのCICUトグルスイッチ100 COCKPIT CONTROLS(コックピット・コントロールズ)によって起動/停止される。
AHCP(Armament HUD Control Panel)のCICUトグルスイッチでMFCDの起動・停止が可能です。MFCD の詳細については、「MFCD ページ」の章を参照してください。
各MFCDは5×5インチで、4つの面にそれぞれ5つのオプション選択ボタン(OSB)があります(合計20個)。これらのOSBは、MFCDのページやページ機能に応じて様々な機能を持ちます。

  • OSB1~5は、MFCDの上部にあります。
  • OSB6~10は、MFCDの右側に配置されています。
  • OSB11~15は、MFCDの下部に沿って配置されています。
  • OSB16~20は、MFCDの左側に配置されています。
    ボタンを有効にするには、ボタンの上でマウスの左ボタンをクリックするか、割り当てられたキーボードキーを押します。
    また、各OSBはツールチップに対応しており、OSB上にマウスカーソルを置くと、OSBの機能に関するツールチップが表示されます。

Attitude Reference Symbol (ARS)

各MFCDの左下には、ARS(Attitude Reference Symbol)があります。これは、航空機の現在のピッチ、ロール、大気圧の高度を示しています。ARSシンボルは3つの主要な要素で構成されています。

オウンシップリファレンス。これはARSの中心に位置する静的なシンボルで、航空機の縦軸はシンボルの中心にある円で表されています。縦線のマークは垂直安定板を、2本の横線は翼を表しています。地上基準アークはこのシンボルを中心に回転し、ピッチ角とバンク角を表す。

地上基準。ディスプレイの円弧部分が「地上」部分で、ADIインジケーターに似ています。水平飛行中は地面と空が同じように見えるので、弧の部分は180°を表しています。しかし、45°バンクすると、180°の円弧が45°回転して見えるようになります。機体が急降下している場合は、急降下のピッチが大きくなるにつれてインジケーターに表示される地面の量が増えます。その結果、急降下の角度が大きくなるほど、弧の大きさは180°を超えます(90°急降下では360°)。機体がノーズアップしている場合は、ノーズアップの角度に応じて円弧の大きさが小さくなります(90°の上昇角では円弧は表示されません)。