Autodesk MAYA 2011

私のMAYAは2011でもう10年以上前のバージョンです、しかもバグも一流だと言われていましたが現在も使用しています、しかしMAYAは1990年にOSとして完成していますが頻繁に改定しているのは全部がプラグイン関係でOSは改変されてはいないのです、メニュ-は英文を是非使用して下さい、和文メニュ-は絶体に行けません、海外の有用なコンテンツを真似るのが困難になるからです。

ここでは帆船のレンダリングまでを紹介して行きます、ブレンダ-も一緒に行って行きます。

ブレンダ-は無料ですがMAYAは高価ですが何が違うのでしょうか?う~ん簡単に言えば機能は勿論ですが何といっても作業分担が明確に行えるのとバッチレンダリングでしょうか?後は命令系等がハッキリと別れている。

現在テクスチャーを作成中ですがハッキリ言える事は特殊な命令形は使うな!とは言えます、他のアプリケ-ションから簡単にインポ-トする事の可能性を保持しなければなりません。例えばFBXを仲介にしてどちらでも作業関係が良いと言う事をMAYA側から考慮する必要が有ります、例えば演算により何かのテクスチャ-を作った場合はMAYAからそのテクスチャ-はエクスポ-ト出来ないと解ります。単純な命令形にして置けば問題なくブレンダ-でもインポートする事が出来ます。

MAYAとブレンダ-の違い

MAYAとブレンダ-との違いは何でしょうかハッキリ言えることはブレンダ-は無料です。これは素晴らしいと思いますが注意したい事は和文メニューは使っては行けない!と言う事です。私の場合にはすべてが英文メニュ-です、私は英語は解りませんが唯一言えるのは海外に有る有能なサンプルを見る事が出来るこれにすぐる物は無いと思います、皆さん私は声を大にして言います和文メニューは使うな!と言う事です。