F/A-18C HORNET COCKPIT OVERVIEW

Control Stick

スティックには、ピッチ・ロールトリムスイッチ、センサーコントロールスイッチ、空対地爆弾リリースボタン、銃/前方発射武器トリガー、空対空武器セレクトスイッチ、指定解除/ノーズホイールステアリングボタンがある。スティック・グリップの下には、オートパイロット/ノーズホイール・ステアリングの解除スイッチ(パドル・スイッチ)が取り付けられている。スティック・ポジション・センサーは、スティックのニュートラルからの変位に比例した電気信号をフライトコントロール・コンピューターに伝える。いくつかのスイッチは、選択したモードに応じて複数の機能を持っています。これらのスイッチについては、このマニュアルの後の関連するセクションで説明します。

ウェポンリリースボタン [Alt] + [Space]. 長押しすると、爆弾、ロケット、空対地ミサイルなどの空対地兵器を発射できます。

トリガースイッチ [Space]. 押すと、銃や空対空ミサイルが発射されます。指定外/ノーズホイール・ステアリング・ボタン[S]。このボタンは、機体の状態によって機能が異なります。

ノーズホイール・ステアリング ホイールに荷重がかかり、フライトコントロールコンピュータが作動している状態で、ノーズホイールステアリングボタンを一瞬押すと、ノーズホイールステアリングが作動し、HUDにNWSが表示されます。


ノーズホイール・ステアリング・システムが故障した場合は、NWSとFCSがDDIに注意事項として表示され、MASTER CAUTIONランプが点灯し、HUDからNWSまたはNWS HIの表示が消える。故障した場合、ノーズホイール・ステアリング・システムはフリー・スイベル・モードに戻る。


指定解除する。ノーズホイール・ステアリング状態でないとき(ウェイトがホイールから外れているとき)、このボタンを使って以前に指定したターゲットや場所の指定を解除します。これにより、レーダーリターンによるサーチとターゲットの指定解除が可能になります。

Nosewheel steering disengage [A]

  • Nosewheel Steering。指令されたノーズホイール・ステアリングを解除します。タキシング中にハイモードにしたい場合は、ノーズホイールステアリングボタンを長押しします。翼を折りたたんだ状態でNWSを作動させると、NWSボタンを押して離すことでハイゲインモードになります。
  • Autopilot Disengage。指示されたオートパイロットモードを解除し、手動での操縦に戻ります。
  • G Limiter Override(Gリミッターオーバーライド)。操縦桿をフルアフトにした状態でパドルスイッチを一瞬押すことで、Gリミッターをオーバーライドすることができる。そうすると、コマンドリミットのgが33%増加します。g-LIM OVRD警告が表示され、MASTER CAUTIONランプとトーンが点灯します。操縦桿をニュートラル付近に戻すとオーバーライドは解除されます。

Pitch and roll trim switch.。通常、ピッチ([RCtrl] + [.] および [RCtrl] + [;])とロール([RCtrl] + [,] および [RCtrl] + [/])のトリムスイッチを動かすと、フライトコントロールが電気的にバイアスされ、スティックは動きません(A-10Cやブラックシャークとは異なります)。AUTOフラップモードでは、飛行制御コンピュータの自動トリミング機能により、ピッチトリムはほとんど必要ありません。着陸態勢に入った場合のみ、手動によるピッチトリムが必要となる。非対称な荷重の場合は、ロールトリムが必要です。MECHでは、ピッチトリムはコントロールスティックを前後に動かし、スティックのニュートラルポイントを変えます。メカニカルなラテラルトリムはありません。


トリムは25°AoAまでの追跡されたg荷重を変更します。通常は1gである。2gでバンク角60°の水平旋回でオートパイロットを解除すると、スティックは2gにトリムされたままになる。この場合、水平飛行中に機首を下げるためにはかなりのスティックの力が必要になる。翼を水平にした状態でAltitude HoldまたはAttitude Holdを再度作動させると、トリムは1gに戻ります。ゲームプレイをより良くサポートするために、APを解除するとすべての状況で1gに戻ることが推奨されます。


フラップがダウンしている場合、ピッチトリムは他のトリムスイッチと同様に機能し、トリムスイッチを押し続けると、スイッチを離すまで連続して直線的に変化します。フラップダウン時のトリム入力では、フライトコントロールコンピュータがアタックアングルを目標に設定されます。フラップアップでは、1秒以上のトリム入力は無視されます。フラップアップ時のトリム入力では、トラッキングGが変化します。

Recce event mark [R]。初期のアクセスでは、これを押すとヘルメットマウントディスプレイを空白にすることができます。

Weapon select switch。A/A機のマスターモードでA/A武器を選択する4ポジションスイッチ。スイッチの機能はディスクリート入力です。

  • Forward [LShift] + [W]: AIM-7を起動し、優先するミサイルを表示します。レーダーアンテナの4本のバーエレベーション、140°アジマススキャン、40マイルレンジ選択、インターリーブPRFをコマンドします。
  • Center Push [LShift] + [S]: AIM-9 を起動し、優先するミサイルを表示します。レーダーアンテナ 4 バーエレベーション、80°アジマススキャン、AIM-9L、AIM-9M、AIM-9X の 40 マイルレンジ選択、インターリーブ PRF をコマンドします。
  • Aft【LShift】+【X】。ガンを起動し、ガンを表示します。レーダーシステムにGACQを指令、レンジは5nmi、レーダーアンテナのアジマススキャンは5バー、エレベーションスキャン(垂直スキャン)は20°。センサーコントロールスイッチをACMの状態に設定します。
  • Right[LShift] + [D]: AIM-120 を起動し、優先ミサイルを表示します。右 [LShift] + [D]: AIM-120 を起動し、優先ミサイルを表示 レーダーアンテナの仰角 2 バー、方位角 80°スキャン、AIM-120B/C の 40 マイルレンジ選択、インターリーブ PRF を指令する。

注:ターゲットがL&Sとして追跡されている場合、ウェポンセレクトスイッチはウェポンを変更するだけで、ウェポン選択に基づくレーダー操作には影響しないはずです。
センサーコントロールスイッチ(4ポジション)。これは4ポジション、モーメンタリ、センタリングスイッチである。スイッチの機能は離散的な入力です。

  • Forward[Alt]+[;]。NAVまたはA/Gモードの場合、ヘッドアップディスプレイ(HUD)にスロットルデジグネーターコントロール(TDC)の優先順位を割り当てます。A/Aモードでは、HUDをACMサブモードにし、レーダーをボアサイトにします。
  • Aft [Alt] + [.]: A/Gモードの場合、TDCの優先順位をAMPCD(Advanced Multipurpose Color Display)に割り当てます。A/Aモードの場合、TDCをAMPCDのSAページに割り当てます。A/A ACMサブモードの場合、これはレーダーを垂直捕捉(VACQ)にする。NAVモードの場合、AMPCDをHSIとSAのフォーマットで切り替えます。
  • Left [LAlt] + [,]: LDDI に TDC の優先順位を割り当てます。TDC の優先順位がすでに LDDI に割り当てられていて、LDDI がレーダーディスプレイの場合、TDC がレーダーリターンの上にあるとき、レーダーに追跡モード STT を指令する。レーダーが追従している場合、ブレークロックを指令する(指定解除ではない)。A/A ACMサブモードでは、レーダーシステムにワイドアクイジション(WACQ)を指令する。LDDIにTGP FLIRが表示されている場合は、A/AまたはA/Gのいずれかで追跡を指令する。
  • Right[RAlt]+[/]。RDDIにTDCの優先順位を割り当てます。TDC の優先順位がすでに RDDI に割り当てられていて、RDDI がレーダーディスプレイの場合、TDC がレーダーリターンを超えたときに、レーダーにトラックモード STT を指令します。
    レーダーリターンを確認する。RDDIにTGP FLIRが表示されている場合は、A/AまたはA/Gのいずれかのトラックを指令します。

注:全てのACMモードは自動的にターゲットをロックします。

Throttles

スロットルグリップにはスイッチがあり、スロットルから手を離さずに各種システムを制御することができます。スロットルのHOTAS機能は、操縦桿と同様に、航空機の状態や運用モードに応じて機能が異なります。これらについては、本書の適切なセクションで説明しています。

Dispense Switch,、AFT – OFF – FWD。ALE-47の対策システムを手動および半自動で使用するための3ウェイスイッチです。

  • Forward[E]。対策プログラム5を起動します。
  • Center。機能しません。
  • Aft [D]. EW ページで選択されている対策プログラムを起動します。

Dispenser selector knob が BYPASS になっている場合、このスイッチは別の機能を持ちます。

  • Forward [E]. 1 個のチャフを投入します。
  • Center。機能しません。
  • Aft [D]. フレアを1発発射する。

Communications,、COMM1 – COMM2 – MIDS A – MIDS B. 4つの無線機の送信を制御する4ポジションのスイッチです。

  • Forward。COMM1 で送信します。
  • Aft。COMM2 で送信します。
  • Down。MIDS A を送信する。
  • Up. MIDS Bを送信する。

Speedbrake EXTEND EXTEND – OFF – RETRACT. スピードブレーキは、垂直方向のスタビライザーの間に取り付けられています。スロットルに取り付けられたスイッチで操作します。空中では、AUTO FLAPS UPモードの場合、6.0g以上またはAOA28°以上、AUTO FLAPS UPモードでない場合は250ノット以下で、スピードブレーキが自動的に引き込まれます。スピードブレーキ・スイッチを後にしない限り、フラップが伸びるとスピードブレーキは自動的に引き込まれます。スイッチがEXTENDになっている間は、フラップがHALFまたはFULLになってもスピードブレーキは伸びます。スピードブレーキは、任意の中間位置まで伸ばすことができますが、スピードブレーキスイッチを前方に一瞬押すだけで完全に引き込まれます。スピードブレーキは、地上では正常に作動します。

フラップが伸び、車輪に体重がかかっている状態(着陸後やアボート時など)では、スピードブレーキスイッチを後にしなくてもスピードブレーキが伸びたままになります。

  • Aft [LShift] + [B]. スイッチを後方に保持している間、スピードブレーキを伸ばします。スプリングでセンターデテントになっています。
  • Forward [LCtrl] + [B]. スピードブレーキを戻す、またはスピードブレーキを戻した状態を維持してクリープを防止します。
  • Center [B]. 速度が400kt以上のときにスピードブレーキが開いていると、クリープして閉じてしまう。

スピードブレーキ EXTEND – OFF – RETRACT. スピードブレーキは、垂直方向のスタビライザーの間に取り付けられています。スロットルに取り付けられたスイッチで操作します。空中では、AUTO FLAPS UPモードの場合、6.0g以上またはAOA28°以上、AUTO FLAPS UPモードでない場合は250ノット以下で、スピードブレーキが自動的に引き込まれます。スピードブレーキ・スイッチを後にしない限り、フラップが伸びるとスピードブレーキは自動的に引き込まれます。スイッチがEXTENDになっている間は、フラップがHALFまたはFULLになってもスピードブレーキは伸びます。スピードブレーキは、任意の中間位置まで伸ばすことができますが、スピードブレーキスイッチを前方に一瞬押すだけで完全に引き込まれます。スピードブレーキは、地上では正常に作動します。

フラップが伸び、車輪に体重がかかっている状態(着陸後やアボート時など)では、スピードブレーキスイッチを後にしなくてもスピードブレーキが伸びたままになります。

  • Aft [LShift] + [B]. スイッチを後方に保持している間、スピードブレーキを伸ばします。スプリングでセンターデテントになっています。
  • Forward [LCtrl] + [B]. スピードブレーキを戻す、またはスピードブレーキを戻した状態を維持してクリープを防止します。
  • Center [B]. 速度が400kt以上のときにスピードブレーキが開いていると、クリープして閉じてしまう。

CAGE/UNCAGE button [C]。このスイッチには、アクティブなシステムや武器に応じて複数の機能があります。

  • NAV Mode。HUD上の速度ベクトルをケージしたりアンケージしたりするのに使用する。
  • A/A Mode, AIM-9。サイドワインダーのシーカーの位置を制御する。AIM-9のシーカーヘッドは、L&Sが指定されるまではボアサイトされ、その後はL&Sにスレーブされる。L&S指定時にケージボタンを押すと、シーカーヘッドがL&Sとボアサイトの間で切り替わります。 AIM-9シーカーヘッドがボアサイトの状態でケージボタンを押し続け、航空機を操縦してターゲットの熱源に向け、AIM-9のトーンライズを達成してからケージボタンを離すと、AIM-9シーカーヘッドがミサイルのジンバルに熱源を追尾することになる。
  • A/A Mode, AIM-7。スパローミサイルを選択したA/Aモードでは、L&SターゲットのSTTにレーダーをコマンドする。
  • A/G Mode, Maverick.。マーベリックをボアサイトに固定したり、固定を解除してスリューさせたりする。