Microsoft® Cessna 152 (Nm 2)

2つのパネル状態をメニューから選択できます。
Cold and Dark – エンジンと電源を切り、フラップを上げ、パーキングブレーキをかける。
Ready for Take-off(離陸準備完了) – エンジンと電源がオン、フラップを離陸用にセット、パーキングブレーキがオフ。
パネルの状態(スイッチやレバーの位置など)は、シミュレータの「保存」メニューでフライトを保存するたびに自動的に保存されます。保存したフライトを再度読み込むと、パネルの状態は自動的に再読み込みされます。

また、パネルの状態は、保存されていないフライトの間に自動的にセーブ/リロードすることができるので、最後にコックピットを離れたときと同じ状態で常にコックピットに戻ることができます。コックピット状態の保存は、「Toggle Cockpit State Saving」オプションを使用して有効化/無効化することができます。コックピット状態の保存がオンになっているかオフになっているかを示すメッセージが画面に表示されます。

Gyro sounds

ターンコーディネイターのジャイロ音は実機から収録されたものですが、必要に応じてこれらの音を無効にするオプションを用意しました。これらの音のオン・オフを切り替えるには、「Toggle Gyro Sounds」を選択します。画面に通知が表示され、オン/オフの切り替えができます。

Engine management

以下のエンジン故障/管理機能を有効/無効にすることができます。

  • スパークプラグファウリング
  • ベイパーロック
  • オイル使用量およびオイル量低下によるエンジン停止
  • バッテリー使用量

これらの機能を有効または無効にするには、「Toggle Engine Management」オプションを選択します。画面に通知が表示され、オン/オフの切り替えができます。

Panel selector

このオプションでは、2Dパネルのセレクタの矢印を有効または無効にすることができます。無効にした場合、矢印は表示されなくなり、この設定は次回航空機をロードしたときに記憶されます。

FLYING THE C152

このチュートリアルフライトでは、英国ピーターバラの南6マイル、ケンブリッジの北西20マイルに位置するコニントン飛行場を出発します。北西に向かい、RAF WitteringとRAF Cottesmoreの東側を通過した後、RAF CranwellとGamston飛行場の上空を飛行します。

南東からシャーバーン・イン・エルメットに接近し、約89海里を飛行します。このフライトは、C152に搭載されている重要なシステムを学ぶのに最適な長さです。
このチュートリアルでは、ジャスト・フライトのコニントンのシーナリーを使用しますが、デフォルトのシーナリーや他のペイウェアのコニントンのレンディションでも飛行可能です。

Here are the details for today’s flight:
EGSF – CWL (423.0) – GAM (112.80) – SBL (323.0) – EGCJ

Estimated time en
route: 40 minutes
Route distanc e: 89 nautical miles
Departure time: 1200 (local time)
Weather: Clear

これでフライトの準備が整いましたので、コックピットに移動してフライト前のチェックを始めます。
フライト前のチェックを行います。C152のチュートリアルフライトをロードするには、以下の手順に従ってください。

  1. Flight Simulator X、FSX: Steam Edition、Prepar3Dのいずれかを起動します。
  2. FSXをお使いの場合は、「フリーフライト」メニューを選択します。
  3. ロード」を選択します。
  4. 保存されているフライトのリストから Just Flight C152 tutorial flight を選択します。
  5. フライナウ!」(Flight Simulator X)または「OK」(Prepar3D)をクリックします。(Flight Simulator X)またはOK(Prepar3D)をクリックします。

あなたは今、自分の妖精が
私たちの妖精は、コニントン飛行場のコックピットに座っています。その前に
先に進む前に、飛行機を「冷たくて暗い」状態にして、コックピットのシステムをすべてオフにしておく必要があります。
コックピットのシステムをすべてオフにして、その日の最初のフライトの前の状態にします。
その日の最初のフライト前のように。この設定で始めると、コックピットのセットアップに若干の時間が必要になります。
コックピットの設定には多少の時間が必要ですが、そうすることで機体の機能や特徴についてかなりのことを学ぶことができます。
この構成で始めると、コックピットのセットアップに時間がかかります。
冷たくて暗い状態の機体を設定するには
暗い状態で機体を設定するには、2Dパネルセレクターを開き
Toggle Power」アイコン(稲妻)をクリックします。エンジンが停止します。
電源がオフになります。

このチュートリアルでは、A地点からB地点に到達するために必要な手順を説明します。
B地点に到達するために必要な手順を説明しますが
このチュートリアルでは、各システムの詳細については説明しません。各システムの詳細については、本マニュアルの残りの部分を参照してください。
各システムの詳細については、本マニュアルの残りの部分を参照してください。

Getting started

最初のステップはコックピットに入るために両方のドアを開けます。バーチャルコックピットで
コックピット内で、「PULL TO OPEN」のドアラッチをクリックし、黒いドアハンドルをクリックしてドアを開きます。

これで飛行前の検査に取り掛かることができます。
フライト前の点検を始めましょう。まず、左のヨークからコントロールロックを外します。
ヨークの根元をクリックしてパネルに固定されているヨークの根元をクリックして、コントロールロックを外します。

コントロールへのアクセスを容易にするために、左メインパネルの中央にある航空機登録プラカードのクリックポットを使ってヨークを隠すことができます。

マグネトーセレクターがOFF(反時計回りに回しきった状態)になっているか、イグニッションキーが抜かれているかを確認します。

パーキングブレーキノブがONになっていることを確認します。

全てのアビオニクスがOFFであること、ミクスチャーノブがIDLE CUT-OFFに設定されていることを確認します。その後、バッテリーマスターのスイッチを入れます。

左右の燃料量計で満タン(1タンク25ガロン)になっていることを確認する。

スイッチ外装灯をすべて点灯し、フラップを30°まで伸ばす

外側(スポット)の視界に切り替え、すべてのライトが点灯していること、フラップが完全に伸びていることを確認してから、コックピットに戻り、ライトとバッテリーマスターのスイッチを切ります。

フライトコントロールが完全に自由に動かせることを確認し、エレベータトリムを全範囲で動かしてから中央(テイクオフ)の位置に戻します。

外部(スポット)表示に切り替えて、機体を目視で確認します。ホイールチョックとタイダウンが見えていること。トウバーが接続されていないこと/見えていることを確認します。

コックピットに戻り、メインパネルの右側にあるインカムスイッチを左クリックしてON(上)にします。

Refill Menuウィンドウが表示されます。このメニューでは、エンジンオイルと燃料の補給エンジンオイルと燃料の補給、航空機用バッテリーの充電、オイル量の確認ができます。

メニューを使ってバッテリーを充電する。コックピット内を探索している間にバッテリーが放電してしまった場合はコックピットの中を歩き回っている間に放電してしまった場合は、メニューでバッテリーを再充電します。

続いて、画面左上に表示されるオイル量をチェックします。画面の左上に表示されます。

表示されたオイル量が6.5リットル以下の場合はオイルを補充するには、「Refill Oil」オプションを使用します。
補給してください。

これでRefill M enuが終了しました。
これでR efill M enuが終了したので、「Close m enu」を選択します。インカムのスイッチを左クリックしてオフに戻します。

Starting the engine

バッテリーの消耗を防ぐためにエンジンをかけてから、アビオニクスの設定を行います。
出発
助手席のドアをまず、黒いドアハンドルをクリックしてドアを閉じ、次にドアラッチをクリックして次に、ドアラッチをクリックして、ラチェット/ロック位置に移動させます。

パーキングブレーキが設定されているか、またサーキットブレーカーがすべて押し込まれていること

フロアでは、燃料シャットオフバルブのレバーがONの位置にあることを確認してください。

スロットル象限で、ミクスチャーノブをミクスチャーノブをFULL RICH(完全に前進)の位置にし、スロットルノブを約1/4開にします。
キャブレターヒートレバーが OFF(押し込まれた状態) になっていることを確認します。

バッテリーマスターとオルタネーターのスイッチをONにして、機体に電力を供給します。

ターンビーコンとナビゲーションライトをONにして、周囲の人にこれからエンジンをかけることを知らせます。
これからエンジンをかけることを周囲に知らせます。

イグニッションキースロットを囲む金属部分をクリックしてください。

機体の周囲に障害物がないことを確認し周りに障害物がないことを確認してから、マグネト/スタートセレクターを
マグネト/スタートセレクターをSTART(時計回り) に回してください。

エンジンが始動したら、マグネト/スタート・セレクターを離すと、マグネト/スタート・セレクターはBOTHの位置に戻ります。油圧と温度が上昇していることを確認します。

エンジンが始動したら、マグネト/スタートセレクターを離すと、BOTHの位置に戻ります。
BOTHの位置に戻ります。油圧と温度が上がっていることを確認してください。
エンジンが作動し、オルタネーターがバッテリーを充電している状態で、アビオニクスのスイッチを入れることができます。
アビオニクスのスイッチを入れます。センターパネルの上部から順に、以下のスイッチを入れます。
KMA 20、KX 17 5 B、300 ADF、RT 359Aの各ユニットのスイッチを入れます。

Configuring the avionics

次に、出発に向けてアビオニクスを設定する必要があります。
方向指示器のノブを使ってコンパスカードを回転させてウイスキーコンパスに表示されている方位と一致するようにコンパスカードを回転させます。または、キーボードの「Headingインジケータ(リセット)リセット)」キーボード

北への上昇が落ち着いたら、ルート上の最初のウェイポイントであるCranewell CWL NDBに向けて飛行します。準備のために、NDBの周波数(423 0)を300のADFユニットにNDBの周波数(423 0)を合わせる。

ルート上の2つ目のウェイポイントであるGamston VOR(11.8.0)をルート上の2つ目のウェイポイントであるGamston VOR(11 2 8 0 )をKX 17 5 B(NAV 1ユニット。

VOR1表示器のOBSノブを回して1表示器のOBSノブを回して、313度を選択します。これはCranwell NDBからGamston VORに向かうコースです。

Taxi

滑走路へのタキシングが可能になりました。機体の周囲に障害物がないことを確認してからパーキングブレーキを解除してください。ゆっくりとパワーをかけて機体を回転させ滑走路へのタキシングを開始してください。
一般的には、ラダーペダルのみで機体を操縦することができます。ラダーペダルとブレーキを併用することで、必要に応じてタイトな旋回を行うことができます。


ジャイロ計器(水平姿勢、方位、ターン&バンクインジケーター)の動作を交互に旋回して確認する。
滑走路のすぐ近くにあるホールドポイントで停止します。
滑走路28のすぐ近くにあるホールディングポイントで停止してください。ここでは、パワー(ここでパワー(地上)チェックを行います。パーキングブレーキをセットしてスロットルノブを進めて1,700回転にしてから、マグネトセレクターを左の位置に回し、回転数の低下に注意してから、再びBOTHの位置に回します。この作業を右のマグネトにも繰り返します。

キャブレターヒートチェックを行うには、キャブレターヒートレバーをONに引き、回転数が少し下がったのを確認してから、キャブレターヒートレバーをOFFにします。回転数が本来の1,700rpmよりも大幅に上昇した場合、アイシング状態になっている可能性があります。しかし、今回のフライトは晴天で気温もそれほど高くないため、問題はないと思われます。


Microsoft® Cessna 152 (Nm 1)