Microsoft® Cessna 152 (Nm 1)

Airframe

C152は、固定式着陸装置を備えた単発の全金属製航空機です。2人乗りで、120ポンドの荷物入れを備え、110馬力のエンジンを搭載しています。
基本的な機体はアルミニウム合金製で、翼端とフェアリングはグラスファイバー製です。胴体はセミモノコック構造である。胴体はセミモノコック構造で、両サイドには乗客用のドアが設けられている。
翼は外部補強されており、1度の上半角がついています。翼の後縁にはフラップとエルロンが取り付けられています。4ポジションのフラップは、パネルの中央にあるレバーで電気的に制御される。各翼には1つの燃料タンクが搭載されている。
エンペナージには、垂直・水平スタビライザー、エレベーター、ラダーが配置されている。水平安定板には、エレベーター・トリムタブ・アクチュエータが搭載されている。

Fuel system

燃料システムは、シンプルに設計されています。燃料は13USガロンのタンクを2つ、各翼に1つずつ搭載している。合計26ガロンの容量のうち、使用可能なのは24.5ガロンである。
2つのシートの間のフロアに設置された燃料シャットオフバルブにより、パイロットはエンジンへの燃料の流れをコントロールすることができます。
燃料の量は、左下のパネルにある電動式のゲージで示されます。燃料量計は各タンクごとに独立しています。ゲージの正確な数値は当てにならないので、飛行前に手動で燃料レベルを確認する必要があります。

Electrical system

電力は、エンジン駆動の60アンペアのオルタネーターと24ボルト、14アンペアのバッテリーで駆動する28ボルトのDCシステムで供給されます。電源は1本のバスバーから供給されます。マスタースイッチは、エンジンの点火システム、時計、フライトアワーレコーダーを除くすべての回路の電源をコントロールします。エンジンを始動する前にアビオニクスをオフにしてください。

Master switch

マスタースイッチは、OFF(下)とON(上)のポジションを持つスプリットロッカータイプのスイッチです。スイッチの左半分(ALT)はオルタネーターを制御し、スイッチの右半分(BAT)は航空機に供給されるすべての電力を制御します。
通常の場合、両方のスイッチは同じ位置に置かれますが、地上で機器をチェックする際には、BAT側のスイッチを個別にオンにすることができます。

Ammeter

電流計は、オルタネーターからバッテリーへ、またはバッテリーから電気系統への電流の流れ(アンペア)を示します。エンジンが作動していてマスタースイッチがオンの場合、電流計はバッテリーの充電率を示します。オルタネーターが機能していない場合、または電気負荷がオルタネーターの出力を超えている場合、電流計はバッテリーの放電率を示します。
低電圧ランプは、オルタネーターが故障し、バッテリーがすべての電力を供給していることを示します。

Circuit breakers

ほとんどの電気回路は、パネルの中央下部にあるプッシュ・トゥー・リセット式のサーキット・ブレーカーで保護されています。
ブレーカーを左クリックすると、引き出したり、押し込んだりすることができます。

Vacuum system

バキュームシステムは、方向指示器と姿勢指示器であるエアドリブンジャイロを作動させるために必要な吸引力を提供します。このシステムは、エンジン真空ポンプ、真空リリーフバルブ、フィルター、必要な配管で構成されています。
左パネルに取り付けられたサクションゲージは、パイロットに真空システムの動作に関する貴重な情報を提供する。長期間にわたって圧力が低下したり、圧力がゼロになったりした場合は、真空システムに問題がある可能性がある。
通常の真空度は水銀4.6~5.4インチで、これはすべてのジャイロを定格RPMで動作させるのに十分な真空度を提供する設定である。

Pitot-static system

このシステムは、対気速度計、高度計、垂直速度計に、ピトー圧と静圧の両方を供給します。
ピトー圧力は、左翼下面のピトーヘッドで拾います。ピトーヒーターのスイッチ(PITOT HTと表示)は左下パネルにある。静圧は、後部胴体の両側にあるボタン型の通気口で感知される。静止画ポートは、前方胴体の左下にある。

Lighting system

航空機に装備されているライトには、ナビゲーション、衝突防止ビーコン、タクシー、着陸、計器パネル、キャビンドームライトがあります。これらの照明は、左下パネルのロッカー・スイッチで制御されます。
左下パネルのレオスタットコントロールノブは、一体型の計器照明を制御します。キャビン・ドーム・ライトはオーバーヘッド・パネルにあり、左ロワー・パネルのDOME LTスイッチで制御されます。

Landing gear

C152は、固定式三輪着陸装置を装備しています。
ノーズ・ギアは、ラダー・ペダルとトー・ブレーキを使って、中心から左右に30度の弧を描くように操縦することができます。
油圧式のディスクブレーキシステムには、左右のラダーペダルにトーブレーキが装備されています。パーキングブレーキはパネルの左下にあるノブで操作します。

Flight controls

デュアルフライトコントロールを搭載。フライトコントロールシステムは、従来のエルロン、ラダー、エレベーターの各面で構成されており、エルロンとエレベーターはヨーク、ラダー(とブレーキ)はペダルという機械的なリンクで操作します。
トリムタブは、パネルの中央にあるトリムコントロールホイールで操作します。ホイールを前方に回転させるとノーズダウン、後方に回転させるとノーズアップのトリムが可能です。
電子制御式のシングルスロット・フラップが装備されている。フラップコントロールはパネルの中央にあります。フラップを伸ばしたり縮めたりするには、レバーを動かして10度、20度、30度の中から好きなフラップ設定にします。レバーの左側には、フラップの動きを示すインジケーターがあります。フラップシステムは、「FLAP」と表示された15アンペアのサーキットブレーカーで保護されています。
フラップの伸縮時には、機体のピッチが変化します。このピッチの変化は、エレベータ・トリムまたはヨーク・フォースを増やすことで修正できます。

PANEL GUIDE

計器盤には、主飛行計器、エンジン計器のほか、ラジオやナビゲーション機器などが配置されている。
左側の計器板にある姿勢計と方向指示器は、真空で作動する。バキューム(吸引)ゲージは、これらのゲージと同じ位置にあります。ターンインジケーターは電動式である。
ラジオはパネルの中央部に、サーキット・ブレーカーはパネルの右下に配置されている。エンジン・コントロールとウィング・フラップ・レバーは、センター・パネルのラジオの下にあります。
右側のインストルメントパネルには、タコメーター、電流計、フライトアワーレコーダーなどの計器類も配置されています。
また、ドアウィンドウと2つのサンバイザーも装備されています。
後部座席の後ろには、キャビンからアクセスできる大きなバゲージエリアがあります。荷物を積み込む際には、パイロットの責任において、航空機の重心が許容されるCGの範囲内に収まっていることを確認してください。

Panel selector

C152をロードするたびに、画面左上にパネルセレクターの矢印が表示されます。

この矢印を左クリックすると、パネルセレクターが表示されます。

パネルセレクターで2Dパネルを開くことができます。

  • Checklist
  • Flight computer
  • Towbar control

開きたいパネルの上にマウスカーソルを置いて(パネルは濃いグレーに変わり、どのパネルを選択するかがわかりやすくなります)、左クリックします。パネルが開いていることを示す赤が表示され、関連する2Dパネルが表示されます。アイコンがどのパネル/機能に対応しているかを示すツールチップが表示されます。左上の十字はパネルセレクターを閉じ、矢印に戻ります。
電源アイコンをクリックすると、2つのパネルの状態を切り替えることができます。

Cold and Dark

エンジンと電源を切り、フラップを上げ、パーキングブレーキをかける。

Ready for Take-off

エンジンと電源を入れ、フラップを離陸用にセットし、パーキングブレーキを外します。

Checklist panel

このマニュアルに記載されているチェックリストに加えて、インタラクティブなチェックリストが2Dのポップアップパネルとして航空機に搭載されており、パネルセレクターの適切なシンボルをクリックすることでアクセスすることができます。

  1. チェックリスト名 – パネルの左上には、現在選択されているチェックリストの名前が表示されています。
  2. チェックリストの項目 – パネルの中央にチェックリストの項目が表示されます。パネルを初めて開いたときや、新しいチェックリストを選択したときには、項目が赤い文字で表示されます。関連するアクション/チェックを完了したときにチェックリスト項目をクリックすると、項目のテキストが緑色に変わり、その項目が完了したことを示します。長いチェックリストの項目にカーソルを合わせると、すべてのテキストが表示されます。
  3. チェックリスト・ナビゲーション・ボタン – パネルの下部に4つのボタンがあります。これらのボタンを使って、利用可能なチェックリストを循環させたり、選択したチェックリストの前/次のページを選択することができます。ボタンがアクティブでない場合は、灰色に表示されます。
  4. 現在のページ番号 – チェックリストのページ番号は、複数のページがある場合は右下に表示されます。

インタラクティブなエンジンスタート・チェックリストは、「Before Start」または「Engine Start」チェックリストが選択されているときに、チェックリスト・パネルの左下隅にあるアイコンをクリックすると表示されます。
チェックリストの項目は、関連するチェックが完了すると自動的に赤から緑に変わります。Failures(故障)セクションには、エンジンの始動を妨げる可能性のある故障の状態が表示されます。関連する故障が発生すると、故障項目が自動的に緑から赤に変わります。

Left main panel

  1. 対気速度計(ASI)…対気速度をノット(外目盛)およびMPH(内目盛)で表示。
  2. サクションゲージ
  3. 3. 姿勢表示(AI):ピッチ基準ノブにより、ピッチバー(航空機のシンボル)の位置をノーズアップまたはノーズダウンに調整可能。
  4. 時計 – ノブで時針と分針を調整することができます。
  5. 5. 高度計 – 気圧計はhPa/mbの単位で表示されます。圧力設定ノブのツールチップには、現在選択されている圧力の単位がhPa/mbまたはinHgで表示されます。
  6. 6. オムニコース(VOR 1)表示器 – KX 175B(またはFlight1 GTN/GNSが搭載されている場合)で動作します。このインジケーターは、CDI針、フェイルフラグ、バックコースライトを備えています。
  7. 低電圧警告灯
  8. ターン&バンク表示
  9. 方向指示器-ケージノブ(左下)でコンパスカードの回転を制御
  10. 垂直方向の速度表示(VSI)
  11. ADF インジケーター – 300 ADF システムによって駆動される。HDGノブはコンパスカードの回転を制御します。

Control lock

コントロールロックを装着することで、エルロンとエレベーターの制御面を中立位置に固定することができます。コントロールロックには、イグニッションスイッチを覆う赤い旗が付いています。
コントロールロックを取り付ける、または取り外すには、ヨークのベースをクリックし、パネルの中央に入ります。
ロックの取り付けは、機体が地上にあるときのみ可能です。

Hiding the yoke

コントロールにアクセスしやすくするために、左メインパネルの中央にある航空機登録プラカードのクリックポットを使ってヨークを隠すことができます。

Left lower panel

  1. パーキングブレーキノブ
  2. 左右の燃料量インジケーター
  3. 油温・油圧インジケーター
  4. プライマー・プランジャー・ノブ
  5. マスタースイッチ(バッテリー/オルタネーター
  6. 点火/マグネトセレクター
  7. パネルライトノブ
  8. スターターインジケーター
  9. 電気スイッチ – (左から)ドームライト、ピトーヒーター、ナビゲーションライト、ストロボライト、ビーコンライト、タクシーライト、ランディングライト

Start selector

コントロールロックを装着すると、自動的にイグニッションキーが取り外されます。イグニッションキースロットを囲む金属部分をクリックすることで、イグニッションキーの抜き差しができます。

Cabin doors

  1. 窓 – 窓を開閉する前にラッチを移動させる必要があります。
  2. ドアラッチ:クリックするとドアをラッチ/アンラッチします。
  3. 3. ドアハンドル:クリックするとドアが開いたり閉じたりします。

Centre panel

  1. KMA 20オーディオセレクター
  2. KX 175B COM 1 / NAV 1 ラジオ
  3. 300 ADFレシーバー
  4. RT-359A トランスポンダ

Lower centre panel

  1. キャブレター・ヒート・コントロール・ノブ
  2. スロットル・コントロール・ノブ
  3. ミクスチャー・コントロール・ノブ
  4. フラップコントロールレバーとポジションインジケーター
  5. キャビンエアおよびヒーターコントロールノブ
  6. エレベータトリムホイールとポジションインジケーター
  7. サーキットブレーカー
  8. マップストレージ – クリック&ドラッグでドアの開閉が可能

Right panel

  1. タコメーター(RPM) – エンジンアワーの積算計を内蔵
  2. インターコムコントロール
  3. 電流計
  4. フライトアワーレコーダー

Upper cockpit

  1. 外気温度表示
  2. サンバイザー – クリック&ドラッグで移動
  3. ウイスキーコンパス

Lower cockpit

1 Fuel shut-off valve

KMA 20 – audio selector

  1. マイクロホン選択スイッチ
  2. AUTOスイッチ
  3. レシーバーセレクタースイッチ
  4. マーカービーコン感度・ランプテストスイッチ
  5. マーカービーコンのランプ

KMA20は、トランシーバーとレシーバーの出力をセレクタースイッチで制御するオーディオコントロールシステムです。シミュレータでは、スピーカーとヘッドフォンを別々に出力することができないため、両方のボタンが同じ機能を果たすことになります。
機能します。
COM 1とCOM 2のスイッチは、トランシーバーの音声をCOM 1とCOM 2に切り替えるためのもので、モニターする音声ソースとしてCOM 1またはCOM 2を選択することができます。
NAV、DME、MKR、ADFの各スイッチは、関連するオーディオソースを切り換えるために使用します。
AUTOスイッチがSPEAKERまたはPHONEの位置にある場合、本機は対応する受信機の音声と選択された送信機を自動的に一致させます。例えば、マイクセレクターノブでCOM 1を選択した場合、COM 1のオーディオソースが自動的に有効になります。
マイクロホンセレクターノブは、選択された出力にマイクロホンを接続します。シミュレータの制限により、送信はCOM 1でしか行えません。

KX 175B – COM 1 / NAV 1 radio

  1. COM 1の周波数表示
  2. COM 1の電源/テストスイッチ
  3. COM 1 ボリュームノブ
  4. COM 1の周波数セレクター・ノブ
  5. NAV 1の周波数表示
  6. NAV 1の電源/モードスイッチ
  7. NAV 1ボリュームノブ
  8. NAV 1の周波数セレクター・ノブ

KX 175Bは非常にシンプルなCOM/NAVラジオで、COM 1 / NAV 1として動作します。

COM controls

電源/テストスイッチをONの位置に回す。ボリューム・ノブで音量を上げ、同心円状のセレクター・ノブを回してCOMの周波数に合わせます。
COMラジオは、ONまたはTESTが選択された状態で動作します。

NAV controls

電源/モードスイッチをVOICEの位置に回す。ボリューム・ノブで音量を上げ、同心円状のセレクター・ノブを回してナビの周波数に合わせます。
電源/モードスイッチをIDENTの位置に回し、音声による識別子を聞く。

300 ADF receiver

  1. 電源/音量ノブ
  2. モード・セレクター・ノブ-BFO、REC、ADF、TESTの各モードの選択
  3. 周波数表示
  4. 周波数選択ノブ – ADFの周波数を調整します。

Frequency selection

ADFの周波数は3つのカウンターに表示されます。
周波数の選択は、時計回りまたは反時計回りに回転する周波数選択ノブで行います。右の内側のノブは1を調整します。右側の内側のノブで1を調整し、右側の外側のノブで10を調整します。左側のノブは、100sと1000sを調整します。

Operating modes

RECモードでは、チューニングされたステーションからのオーディオ受信が改善され、通常は識別のために使用されます。ADFインジケーターのベアリング・ポインターは解除され、すぐに90°の相対位置に変わり、受信中はその位置に留まります。
ADFモードでは、ADFインジケーターのベアリング・ポインターが作動し、航空機の針路に対して自局の方向を指すようになる。
BFOモードでは、搬送波とその搬送波に乗っているモールス信号を聞くことができます。
TESTモードを選択すると、ADF表示器のベアリング・ポインターが解除され、すぐに90°の相対位置に戻り、そのままの状態になります。

ADF test

TESTモードを選択し、ベアリングのポインターがそのまま90°パークの位置に移動することを確認します。本機が使用可能な周波数に調整されていることを確認し、ADFモードを選択します。針が放送局のベアリングに移動することを確認します。

RT-359A – transponder

  1. 機能選択ノブ
  2. 返信ランプ
  3. 識別用プッシュボタン
  4. 調光ノブ(本シミュレーションでは機能しません
  5. テスト用押しボタン
  6. コードウィンドウ
  7. コードつまみ

Operating the transponder

航空機のエンジンを始動する前に、ファンクションセレクターノブをOFFの位置にしてください。4つのコードノブを回して、必要な返信コードを選択します(コード桁ごとに1つ)。コードは4つのコードウィンドウに表示されます。
エンジン始動後、ファンクションセレクターをスタンバイ(SBY)にします。トランスポンダが動作可能になるまで、約45~50秒かかります。空中に出たら、ファンクションセレクターをONにして、通常のモードAの操作を可能にします。
ATCへの高度報告(モードC)のために機能セレクターを高度(ALT)の位置に回します。

重要なコード

  • 7700: 緊急事態
  • 7600: 通信障害
  • 7500:ハイジャック
  • 0000:軍用機用予約

Squawk ident

管制官から識別を求められたら、ident押しボタンを押して離します。航空管制官に自機の存在を知らせることができます。

Reply light

通常の運用では、応答ランプが点滅し、トランスポンダが正常に機能しており、地上レーダからの質問に応答していることを示します。問いかけは、レーダーの掃引ごとに10~15秒の間隔で行われます。

Towbar panel

トウバーパネルでは、ノーズギアに取り付けられたトウバーを使って、地上で機体を操作することができます。
機体の牽引を開始するには、機体を移動させたい方向に応じて、前方または後方の矢印ボタンをクリックします。矢印が赤くなると、曳航が可能になったことを示します。
プラスとマイナスのボタンを使って、航空機を牽引する速度を変更することができます。選択された速度はノットで表示されます。
機体は、対応する方向の矢印ボタンをクリックすることで、左または右に回転させることができます。

Flight computer

The flight computer provides a variety of information:

  • 外気温度(OAT) – 摂氏および華氏
  • 地上速度(GS):海里/時、静里/時、キロメートル/時
  • 耐久性 – 時間と分
  • 航続距離 – 海里、法定マイル、キロメートル
  • 1ガロンあたりの海里、1ガロンあたりの法廷マイル
  • 密度高度と気圧高度(フィート
  • 真の対気速度(ノット)、軌道(度)、ドリフト(度
  • 燃料流量-ガロン、リッター
  • 使用燃料-総燃料消費量(ガロン
  • 横風成分(ノット
  • 向かい風/追い風成分(ノット

RESET FUEL BURN」ボタンをクリックすると、総燃焼量をリセットできます。

GROUND

地上ではチョックやタイダウンを装着することができます。

エンジンを切り、電源を切り、パーキングブレーキをかけた状態で、航空機が地上にあるときは、必ずチョックとタイダウンが表示されます。

REFILL MENU

実機の操作をシミュレートするために、C152の飛行を停止するたびにエンジンオイルと航空機のバッテリーの電圧が記録され、次に機体を搭載したときにこれらの量が復元されます。
エンジンオイルと燃料の補給、および航空機用バッテリーの充電は、「補給メニュー」から行います。このメニューは、エンジンを切って駐機しているときに、右パネルのインターコム電源スイッチをON(上)にすることでアクセスできます。また、メニューバーからもアクセスできます。詰め替えメニューが画面に表示されます。

Refill fuel」を選択すると、燃料メニューが表示され、燃料レベルを空(0%)から満(100%)まで設定することができます。

また、「Refill Menu」では、現在のオイル量を確認することができます。
Refill Menuを閉じるには、「Close menu」を選択するか、インカムスイッチをOFF(下)の位置に動かしてください。

FAILURES

このC152のシミュレーションでは、シミュレータ独自の故障システムをサポートするだけでなく、これらの航空機でよく見られる故障のいくつかも含まれています。

  • Spark plug fouling スパークプラグの目詰まり – エンジンを長時間低回転で使用した場合に発生する可能性があり、症状としては運転が荒くなり、それに伴ってコックピットの振動が大きくなることがあります。目詰まりが発生した場合は、エンジンの回転数を上げてください。
  • Vapour lock ベーパーロック – エンジンが停止してから最大で約30分間発生する可能性があります。エンジン停止後、高温のために燃料ラインに燃料蒸気が残ることがあります。この蒸気が燃料システムの動作を妨げ、空気と燃料が混ざり合わない状態になるため、点火までに何度かエンジンを始動する必要があります。この問題は、高温下での運転時に発生しやすくなります。
  • Engine failure caused by low oil quantity オイル量の低下によるエンジンの故障 – 時間の経過とともにエンジンはオイルを消費します。現在のオイル量を確認し、Refillメニューで補充することができます。エンジンがすべてのオイルを消費してしまうと、最終的にはエンジンが故障してしまいます。
  • Battery failure バッテリーの故障 – エンジン(つまりオルタネーター)が作動していないのに電気系統のスイッチを入れたままにしておいたり、何度も繰り返したりすると、バッテリーが急速に消耗します。

油量やバッテリー電圧が低下した場合には、画面上にメッセージが表示され、警告が表示されます。
エンジンが始動できない場合は、以下の項目を確認してください。

燃料流量 – 点火に必要な燃料流量を確保するため、燃料ポンプのスイッチが入っていることと、混合気ノブがリッチ(前進)に設定されていることを確認してください。エンジンを始動する前に、フローゲージで燃料の流れを確認してください。通常の作業手順」を参照してください。

ベーパーロック – これは、エンジンが停止した後、最大で約30分間発生する可能性があります。エンジン停止後、高温のために燃料ラインに燃料蒸気が残ることがあります。この蒸気が燃料システムの動作を妨げ、空気と燃料が混ざり合わない状態になるため、点火するまでに何度かエンジンを始動する必要があります。

オイル量 – エンジン管理/故障を有効にしている場合は、エンジンを始動する前に十分なエンジンオイルがあることを確認してください。

また、2Dパネルセレクターの電源アイコンや、メニューバーの「Ready for take-off」でもエンジンを始動することができます。

MENU BAR OPTIONS

FSX:SEにC152をロードすると、「アドオン」メニューに「Just Flight C152」という新しいエントリーが表示されます。