DCS AH64D AIRCRAFT PROCEDURES(2)

COPILOT-GUNNER SEAT

CPG Cockpit, Forward

Armament Panel

See the pilot’s Armament and Video Panels.

Fire Detection/Extinguishing Unit

パイロットの火災探知/消火ユニットを参照してください。

  • あるクルーステーションがFIRE押ボタンを作動させ、エンジンまたはAPUの燃料を遮断した場合、この動作は同じクルーステーションからしか元に戻せないことに注意すること。(例えば、CPGがENG 1 FIREボタンを押し、左エンジンの燃料を遮断した場合、CPGのみが再度ボタンを押すことでこの動作を元に戻すことができる)。
  • FIREボタンを押しながらDISCHボタンを押すと、そのクルーステーションに対してのみ有効である。つまり、クルーがFIREボタンを押し、DISCHボタンを武装させても、CPGのFIREボタンも押さない限り、CPGは消火ボトルを放出することができない。

多目的表示装置(MPD)
パイロットの多目的ディスプレイを参照してください。

エンハンスドアップフロントディスプレイ(EUFD)
Enhanced Up-Front Displayを参照。

TADS Electronic Display and Control (TEDAC)

TADS Electronic Display and Control n68

TEDAC Display Unit (TDU)

TEDAC Display Unit

TEDACは、AH-64AおよびAH-64D初期の機体に搭載されていたORT(Optical Relay Tube)を現代風に置き換えたものです。TEDACは、近代化目標捕捉指定照準器(M-TADS)からの高解像度センサー映像をCPGに提示します。TEDACを使用することで、CPGは航空機のセンサーを使用して、ターゲットを見つけ、交戦することができます。
TDUビデオボタン。TDUに表示するビデオソースを選択します。

  • TAD。TADS をビデオソースとして選択します。
  • FCR。FCR のターゲティングフォーマットを表示します。
  • PNV。ビデオソースとして PNVS を選択します。
  • G/S。ビデオキャリブレーションのためのグレースケール画像を表示します。

DAY/NT/OFF。輝度モードの選択、または TEDAC ディスプレイユニット (TDU) の画面バックライトの消灯。

  • DAY。高輝度の白色バックライトで映像を表示します。
  • NT. 低輝度でNVG対応の緑色バックライトで映像を表示します。
  • OFF. すべてのバックライトが消灯します。ビデオは TEDAC ディスプレイにルーティングされますが、表示されません。

LEV. TADS FLIR イメージの FLIR ビデオレベルを調整します。

CPGがNVSセンサーとしてPNVSを使用している場合は、PNVS FLIR画像も調整します。

GAIN. TADS FLIR 画像の FLIR ビデオゲインを調整します。

CPG が NVS センサーとして PNVS を選択している場合は、PNVS FLIR 画像も調整します。

R/F. DTV または FLIR 映像の焦点距離(レンジ/フォーカス)を調整します。NFOVまたはMFOV(狭視野または中視野)のFLIRの場合、最小焦点距離は500mです。DTVのNFOVの場合、最短撮影距離は1,500mです。

EL. AZ/EL 有効ボタン選択時に、TADS の仰角方向のドリフトを調整するために使用します。

AZ/EL ボタン選択時、TADS のアジマス方向のドリフトを調整するときに使用します。

SYM. HMD をアクティブサイトとしたときの CPG HDU のシンボル輝度を黒から白に設定します。TADS がアクティブなときに、TADS LOS の十字線と TADS ビデオの IAT ゲートの明るさを設定します。一瞬押すと1段階、短く押すとゆっくり連続変化、長く押すと速く連続変化します。

BRT HMDの場合はCPG HDU、TADSの場合はTDUの画像またはグレースケールの輝度を調整します。

瞬間押しで1段階、短押しでゆっくり連続変化、長押しで高速連続変化します。

CON. HMDがアクティブサイトの場合はCPG HDU、TADSがアクティブサイトの場合はTDUの画像またはグレースケールコントラストを調整します。瞬間押しで1段階、短押しでゆっくり連続変化、長押しで高速連続変化します。

  • (アスタリスク)ボタン。CPG HDU、TDUの輝度、コントラストを初期設定に戻します。デイ/ナイトの設定により、明るい初期設定にするか、暗い初期設定にするかを決定します。

TEDAC Left Hand Grip (LHG)

TEDAC Left Hand Grip

カーソルコントローラー/Enter。コントロールをたわませるとMPDカーソルが移動し、たわみが大きいほどカーソルの速度が速くなる。カーソルを押し下げると、MPDカーソルの下にある項目が選択されます。

カーソル表示選択。カーソルをもう一方のMPDに切り替え、画面の中央に表示する。また、カーソルをMPDの端に移動させ、カーソルコントローラーの圧力を解除して反対側のMPDの方向に「ぶつけ」、再度その方向に「ぶつける」ことで、画面間でカーソルを移動させることができます。

ビデオ録画。VCRをSTOP/STANDBYとRECORDモードに切り換えます。

TADS センサーセレクト。TADS に使用する光学センサーを選択します。TADS をどちらかのクルーが NVS センサーとして使用している場合は機能しません。

  • FLIR。TADS で使用する前方監視赤外線センサーを選択します。
  • DTV. TADS が使用する日中用テレビセンサー。
  • DVO. 機能なし。

Linear Motion Compensator(リニアモーションコンペンセーター)。マニュアルトラッキング中のリニアモーションコンペンセータ(LMC)をトグルする。ヘリやターゲットの動きを補正し、ターゲット状態推定器(TSE)を有効にします。

保存/更新 位置情報の保存や位置の更新を行います。

  • STORE (前方). 選択したセンサーの LOS をポイントとして保存します。
  • UPDT (後方). フライオーバーまたは TADS の位置更新を行います。(TODO参照)
    TADS Field-Of-View。TADS の視野 (FOV) を選択します。
  • W(右)。Wide FOV を選択します。ズームなし、ナビゲーションとターゲット検出用。
  • M (後方)。中視野を選択。光学ズーム;ターゲット検出と捕捉用。
    DTV 使用中は使用できません。
  • N(左)。Narrow FOV を選択。光学ズーム;識別およびターゲット用。
  • Z(前方)。Zoom FOV を選択。ターゲティングのための電子ズーム。

画像自動追跡/オフセット。画像自動追跡およびオフセット追跡を開始および制御する。

  • IAT (前方)、ショート。イメージオートトラックを有効にし、カーソル下のオブジェクトをプライマリートラックとして確立する。
  • IAT (前方)、長い。トラッキングゲートのマニュアルサイジングを有効にする。
  • OFS (後方)。オフセットトラッキングの場合、TADS LOS をプライマリトラックに戻す。オフセットトラッキングでない場合、現在のトラック(プライマリまたはセカンダリ)を削除します。
    FCR モード。FCR モードを選択します。FCR がアクティブサイトでない場合は機能しません。
  • GTM(前方)。グランドターゲティングモードを選択します。
  • RMAP(右)。レーダーマップモードを選択します。再選択でレーダー生映像のアンダーレイをトグルします。
  • ATM(後方)。エアターゲティングモードを選択します。
  • TPM (左)。テレインプロファイルモードを選択します。

FCR スキャン。選択した照準が FCR で、かつマスターアームが ARM または TADS で FCR とリンクしている場合、FCR 送信機を起動または停止させます。それ以外の場合は機能しません。

  • S-SCAN(前方)。シングルスキャンバーストを行います。
  • C-SCAN(後方)。連続スキャンバーストの有効/無効を切り替えます。

FCR Cued Search(キュード・サーチ)。RFI で検知した脅威の発信源に FCR アンテナを高速で向かわせます。FCR Cued Search (キュー・サーチ) RFI で検出された脅威の発信源に向かって FCR アンテナを高速に方向付け、発信源の方向をスキャンし、GTM、ATM、RMAP ターゲティング・モードで発信源の位置の関連付けを試みる。FCRがアクティブサイトでなく、マスターアームがARMでない場合は機能しません。

ウェポンアクション。採用するウェポンシステムを選択します。

  • G(ガン、前方)。エリアウェポンシステムを操作/解除し、現在選択されている照準に銃をスレーブさせます。
  • R(ロケット、左)。ロケット砲を作動/停止させ、パイロンアーティキュレーションを作動させ、ロケット砲の操舵状態を表示します。

パイロットがロケットを操作した場合、COOPモードに移行する。

  • M(Missile、右)。ヘルファイアミサイルを発射するためのアクション/デアクション、パイロンアーティキュレーションを起動し、ヘルファイアミサイル発射制約シンボルを表示します。
  • A(Air-to-Air、後方)。機能なし。

ウェポントリガー。左 TEDAC グリップのウェポンアクションスイッチでアクションを起こした場合、そのアクションを起こしたウェポンシステムを発射する。アクションを起こしたウェポンシステムがない場合、またはCPGサイクリックのウェポンアクションスイッチでアクションを起こした場合は、何もしない。

TEDAC Right Hand Grip (RHG)

TEDAC Right Hand Grip

FCR ズーム。FCR ターゲットフォーマットを、NTS(Next-To-Shoot)を中心とした 6 倍ズームに変更します。2 度押すと、通常の FCR フォーマットに戻ります。

サイトセレクト。アクティブな照準の選択、または照準と FCR のリンク。

  • HMD(前方)。IHADSS をアクティブな視力として選択します。IHADSS の視線(LOS)は武器の照準に使用されます。
  • FCR(左)。FCR (左) FCR がアクティブなサイトとして選択されています。FCR Next-to-Shoot (NTS)は武器の照準に使用されます。
  • TADS (右). TADS をアクティブ照準として選択します。TADS の LOS (Line-of-Sight) は、武器の照準に使用されます。
  • LINK (後方)。TADS がアクティブなサイトであるとき、FCR の中心線を TADS LOS にスレーブします。FCR がアクティブな場合、TADS LOS を FCR Next-To-Shoot (NTS)にスレーブします。パイロットのアクティブサイトが FCR で、CPG が LINK を命令した場合、パイロットのアクティブサイトは HMD となる。

Sight Slave (照準スレーブ)。FCR または TADS のトラッキングモードを、Slave と Manual(非スレーブ)の間で切り替えます。

Slave の場合、FCR または TADS の LOS は目標捕捉 LOS にスレーブされます。Manual の場合、FCR のアンテナ角または TADS の LOS は、照準器マニュアル・トラッカーによって制御されます。

視準マニュアルトラッカー。Slave が有効でない場合(Tracking Mode が Manual)の TADS LOS 時に FCR アンテナ角度または TADS LOS を Slews します。
TADS MTT Track Promote。

TADS マルチターゲットトラッカー(MTT)のプライマリトラックとセカンダリ IAT トラックの間を循環させる。

  • フォワード。次の TADS トラックにステップし、プライマリにプロモートします。
  • Aft(後方)。前の TADS トラックに移動し、プライマリに移動します。

FLIR Polarity(フリアーシステムズの極性)。FLIR 画像の極性を切り替えます(黒熱式または白熱式)。

IAT 極性(IAT Polarity)。画像自動追尾装置の極性を選択します。

  • W(白、前方)。明るい物体は IAT で追跡されます。
  • A(オート、中間)。IAT が自動的に追尾極性を選択します。
  • B (黒、後方)。暗い物体を IAT が追尾します。

LST モード。レーザースポットトラッカー(LST)モードを設定します。

  • A (自動、前方)。LST を有効にし、TADS に現在のターゲット LOS を中心とした 4 バーのスキャンを開始するよう命令します。
  • O(オフ、中)。LSTは無効です。
  • M (Manual、aft)。LST を有効にし、TADS のトラッキングモードをマニュアルに設定する。
    LRFD トリガ。レーザー距離計を作動させる。
  • 第1ディテント LRFD が目標距離を決定する。
  • 2 回目のディテント LRFDがターゲット範囲を決定し、ターゲットをレーザーガイダンスに指定する。

FCR スキャンサイズ。FCR の視野(FOV)を選択します。

  • W(右)。Wide FOV を選択します。90°の円弧をスキャンします。
  • M(後方)。中視野(Medium FOV)を選択。45°の円弧をスキャンします。
  • N(左)。視野角「狭」を選択。30°の円弧をスキャンする。
  • Z(前方)。ズーム FOV を選択。15°の円弧をスキャンします。

FCR C-Scope。HMD および TADS シンボロジー内の FCR C スコープ(仰角より方位角)表示をトグルする。

ミサイルアドバンス 次のヘルファイアミサイルの発射を手動でステップします。ミサイルモードが Manual でない場合は機能しません。

CPG Cockpit, Left Console and Left Auxiliary Console

CPG Cockpit, Left Console and Left Auxiliary Console

Keyboard Unit

MPDまたはEUFDへのデータ入力に使用します。コックピット内計算機として使用可能。(キーボードユニット参照)

エマージェンシーパネル

パイロットのエマージェンシーパネルを参照。

パワーレバー・クワドラント(Power Lever Quadrant)

パイロットのパワーレバー・クアドラントを参照。なお、CPGの象限儀にはパワーレバーしか存在しない。

尾翼ロック/NVSモードパネル

パイロットの尾輪ロック/NVSモードパネルをご覧ください。

室内照明パネル

パイロットの外装/内装照明パネル参照。なお、CPGでは室内灯のコントロールのみ可能である。

Stores Jettison Panel

パイロットのストアー・ジェティソン・パネルを参照。どちらのクルーもステーションを切り離すための武装をしたり、武装したステーションを切り離すことができるが、ステーションを切り離すための武装をしたクルーだけがその武装を解除することができることに注意。(言い換えれば、CPGが左舷のステーションを切り離すように武装しても、パイロットはそれを解除することができない)。

CPG Cockpit, Right Console

CPG Cockpit, Right Console

Communications Panel

パイロットの通信パネルをご覧ください。
フロントガラスワイパー操作パネル
パイロットの風防ワイパー操作盤をご覧ください。


DCS AH64D AIRCRAFT PROCEDURES(1) DCS AH64D AIRCRAFT PROCEDURES(3)

DCS AH64D AIRCRAFT PROCEDURES(4) DCS AH64D AIRCRAFT PROCEDURES(5)

DCS AH64D AIRCRAFT PROCEDURES(6) DCS AH64D AIRCRAFT PROCEDURES(7)

DCS AH64D AIRCRAFT PROCEDURES(8) DCS AH64D AIRCRAFT PROCEDURES(9)

IL2 1946 PDF Manual Mission Editor and Multiplayer Server Manual