Vew切り替え機構説明

このビュ-切り替え時に多くのコントロラ-を搭載されたアプリケーションでは多くの例外が発生します、多くの方がこの訳が解らない問題で悩んでいる事が推測出来ますこの事がなぜ大きな問題になるのかはリリ-スバ-ジョンでコンパイルして起動すると必ず落ちてしまうからです、これらは開発中である時点にはMFCの強力なデバッカ-が保護している為に他だ動いている事すぎません、なので完璧なVC++のアプリケーションを作成する事が使命になる為には如何してもスタティツクエリヤ内にデータを配置しなければいえないのです。

特にWindowzシステムに於いては動的にクラスが作成されて各ウインドウが起動され、このウインドが閉じられてしまえばこの領域に配置してあるあるデ-タ類は全て無効になってしまうそれが為に多くの原因不明と言われる異常が発生しているのです、ですから各ビュ-で取得するあるいは参照するデ-タ-は固定(スタティックと領域と言います)エリヤに割り当てる必要が絶対にあります、この理由からリストコントロ-ルとかその他で共通に使われるデ-タはドキュメントクラスのエリヤ内にMFCは配置しなければいけない!と強制されてrのです。

とも割れますこのファイルはビュ-切り替えを行っている部分で構造体の内訳の詳細は次に又更新します。画像では無くテキストファイルにして公開しますが兎も角非常に内容が多いので時間が掛かります

 

初期化のサンプル

なぜにこの様な領域があるのか?

皆さんが悩んでいる(海外でも)!!ファイルを公開したいのですがセキュリテイの問題で公開できないのです(サバ-側でエラーになる、細かくしないといけません)。

パソコンにはハ-ドとソフトがありますそれと読み書きするためのメモリ-と言われる個所に分かれています、例えばパチンコにはEPROMとRAM共に2Kバイトの容量で動いています、ですからプログラムはROMに書き込み永久に保持する事が出来ます。しかし動的に情報を書き換える事も必要でその為にRAMが有ります、これならばEPROM内容は動的に変更できず完璧に保護されています、所が私たちのパソコンは全てがRAMに配置されてEPROMは存在しません、ですからこの固定デ-タも事故で書き換えられてしまいます、前で説明したEPROMと言われた箇所がスタティツクと言われる領域なのです。この猟奇に私たちがデータを作成する事が出来れば例外は発生しなくなるのです(ただ簡単では有りません)。

マイクロソフトの技術者はこの構成を持つ為にフレ-ムワ-クと言われる各クラスが開発されたのです、このクラスは此処に独立されていて簡単にアクセツスが出来ないように構築されていてこれらの事が原因と難しくしていますC#とか言われる高級言語ではこの辺は知らなくてもいいのですがVC++ではそうは行きません難しいのです。

メッセ-ジの伝わり方理解する

ここのクラスに通知を送る又は通知を受け取るこれらが理解できないとプログラムは出来ない!いやダイアログベースでやるしか無いと思われます、しかしどんな高級言語とかMAYAとかワ-ドですらこのVC++で開発されているのですから、私たちはこれらを未来に向けて伝承して行かなければ行けません未来に伝承する事が何よりも重要なんです。

コントロラ-全てがウインドウズです