DCS: Spitfire LF Mk. IX 科学する


Pre-Flight Checks


Ensure the following:
・ストップバルブレバーは、必ず後部(閉)の位置にしてください。


エマージェンシーリリースレバー

下部の燃料バルブレバーはリア(リリース)位置に、エマージェンシーリリースレバー
はアップライト位置にロックされている必要があります。

外部フュエル・タンク・バルブがオフ(閉)の位置に あることが必要です。


フュエルコックハンドルはオフ位置にしてくださ い。

すべての飛行計器(ジョイスティック、ペダル等)がそれぞれの機能に正しく接続されていることを確認する。まず、ラダーペダルのテストから始めてください。指定されたキープレスまたは軸を使用します。Num4]または[Num6]で後方を見、[Z]または[X](またはラダー軸)でラダーを制御します。次に、フライトスティックのY軸の機能をテストします。スティックを最後まで完全に押してから、同じように引っ張ってください。次にエルロンの
チェック-右エルロンを観察しながらスティックを左右に動かします。次に左エルロンを観察しながら同じようにします。

マグネットスイッチは両方ともOFF位置にしてください。

燃料タンクブースターバルブ。

・燃料タンクブースターバルブは必ず OFF ポジションにしてください。

3 本の矢印ゲージによる空圧システムの空気圧は、全荷重が 300 lb/in² と表示されている場合、250 lb/in² 以上の圧力を表示しなければなりません。


ALTを現在の高度で更正

フラップの動作確認

フラップが作動している必要があります。フラップレバーを下降(展開)位置にします。
そのためには、ハイライトされたレバーにカーソルがある状態で[F]またはマウスの左ボタ
ンを押します。航空機の左右を見て、航空機の翼にある両方のメカニカルインジケータが
展開していることを確認してください。その後、フラップレバーを上昇(格納)位置に戻
し、メカニカルインジケータが元の位置に戻ったことを確認してください。

・キャノピーの可動部が正しく動作していることを確認してください。プレキシガラスに汚れがないか、緊急解除ボルトが閉まっているか確認してください。
・モーターコントロールコラムにある視覚的警告システムが作動するまでスロットルハンドルを前進させてください。Num+]を押すか、スロットルを前に押してください。

同時に足回りの状態表示灯が緑色に点灯し、銘板に「DOWN」と表示されていることを確認してください。燃圧警告灯が赤に点灯していること。警告システムのテストが終了したら、スロットルを [Num-]キーを押すか、スロットルを引いて元の位置に戻します。


スロットルレバ-を手前に引いてください


黄色いボタンを押し燃料の量を確認

タンクの燃料量を確認してください。ゲージのボタンを押して矢印を観察してくださ
い。確認後、ボタンを離してください。

これで、航空機はエンジン始動の準備が整いました。


エンジンを始動するには、以下の手順を実行してください。
・ブレーキを押して、エンジン始動時に機体が所定の位置にとどまるようにします。コントロールスティックのハイライトされた部分にマウスカーソルを置き、マウスホイールを回転させます。


次はエンジン始動の順序を説明

フュエルコックハンドルをオン位置にします。ハイライトされたハンドルを左クリックするか、または [T]を押します。

・スロットルを最後尾から 10~12mm 前方に動かします。Num+]を押すか、ジョイスティックシステムのスロットルを押します。


ピッチレバ-を前へ押し出す

ピッチレバーを最前面の位置にセットします。PageUp]を押すか、スロットル軸を動かします。


作成中