DCS F18-C CONFIGURE YOUR GAME(設定)

ホーネットのコックピットに飛び込む前に、まずゲームの設定をすることをお勧めします。そのためには、メインメニュー画面の上部にある「オプション」ボタンを選択します。すべてのオプションについての詳細な説明は、『DCS World Game Manual』に記載されています。

オプション画面を選択すると、画面上部に7つのタブが表示されます。

システムです。

美しさとパフォーマンスのバランスを取るために、グラフィックオプションを設定します。ページ下部にはPRESETオプションがありますが、お使いのコンピューターに合わせてグラフィック設定をさらに調整することができます。パフォーマンスが低い場合は、「低」のPRESETを選択してから、グラフィックオプションを増やして、最適なバランスを取ることをお勧めします。


パフォーマンスに最も影響を与える項目は「可視範囲」「解像度」「MSAA」です。パフォーマンスを向上させたい場合は、まずこれらのシステムオプションを調整することをお勧めします。
CONTROLS(コントロール)。コントロールとファンクショナルバインディングを設定します。このページを詳しく見てみましょう。


まず、コントロール入力を割り当てたい航空機を「航空機選択」ドロップダウンで選択します。次に、画面の左側には、選択したInput Functionドロップダウンに関連するすべてのアクションが表示されます。右側には、キーボード、マウス、ジョイスティック、スロットル、ラダーペダルなど、検出されたすべての入力デバイスが表示されます。

  1. 航空機の選択。このドロップダウンメニューから「F/A-18C Sim」を選択します。
  2. 入力機能。軸装置、ビュー、コックピット機能など、さまざまな入力機能のカテゴリが表示されます。機能を割り当てるには、希望する入力機能と入力コントローラーデバイスに対応するボックス内をダブルマウスでクリックします。選択したら、ボタンを押すか、デバイスの軸を動かして割り当てます。

a. 例1:ジョイスティックにピッチ軸を設定する場合、まずInput FunctionsのドロップダウンからAXIS COMMANDSを選択します。ジョイスティックの入力デバイスとピッチアクションが交差するボックスを探し、そのボックス内をダブルマウスでクリックします。ADD ASSIGNMENT PANEL で、ジョイスティックを前後に動かして軸を割り当てます。完了したら OK を押します。

b.例2:ランディングギアを回転させるなど、HOTASコマンドのキーボードを設定する場合は、まずInput FunctionカテゴリでALLを選択します。入力デバイスと「LANDING GEAR CONTROL HANDLE – UP/DOWN Action」が交差するボックスを探し、そのボックス内でマウスをダブルクリックします。ADD ASSIGNMENT PANEL “で、アクションに割り当てたいキーボードやコントローラのボタンを押します。完了したらOKを押します。

3. 軸の調整。ジョイスティックのX軸、Y軸などの軸を割り当てる際に、このサブページでデッドゾーンやレスポンスカーブなどのチューニングを割り当てることができます。これは、機体がコントロールに対して過敏に反応する場合に非常に有効です。Deadzone、Response Curve Saturation Y、Invertと、コントロールをチューニングするための最も一般的で便利な要素です。

GAMEPLAY このページでは主に、ゲームをリアルにしたり、カジュアルにしたりと調整することができます。ラベル、ツールチップ、無制限の燃料と武器など、多くの難易度設定から選ぶことができます。

パフォーマンスを向上させるために、ミラーズをオフにすることがその助けになります。
オーディオ このページでは、ゲームのオーディオレベルを調整します。また、さまざまなオーディオ効果をオン/オフするオプションもあります。

MISC. ゲームをさらに好みに合わせて調整するための機能がまとめられています。
VR。VRタブでは、Oculus RiftとHTC Viveのサポートを有効にし、その機能を調整することができます。VRを使用する際には、「ピクセル密度」の設定がゲームのパフォーマンスに劇的な影響を与えることがあるので、特に注意が必要です。

PLAY A MISSION

さて、ゲームの設定が完了したところで、DCS: F/A-18Cを購入した理由である、いくつかのミッションに挑戦してみましょう。シングルプレイやマルチプレイのミッションにはいくつかのオプションがあります。

1 INSTANT ACTION. 自分の好きなタスクに配置するシンプルなミッション。このガイドでは、あなたが学んだことを試すために、これらのうちのいくつかを使用します。

2 CREATE FAST MISSION さまざまな条件を設定して、ミッションを作成することができます。

3 MISSION. More より深く掘り下げた独立型のミッションです。このガイドでは、これらのうちのいくつかを使用して、学んだことを試すことができます。

4 CAMPAIGN ミッションを連動させて、キャンペーンのストーリーを作る。ホーネット用のミニキャンペーンが1つ用意されている。

5 MULTIPLAYER 自分で作っても、インターネットサーバーに参加してもOK。

6 MISSION EDITOR 独自のミッションを作成するには、非常に強力なミッションエディターを使用します。

メインメニューページでは、「即席アクション」、「高速ミッションの作成」、「ミッションの読み込み」、「ホーネットキャンペーンのプレイ」、「ミッションエディターでのミッション作成」などのオプションがあります。また、オンラインで他のプレイヤーと一緒にプレイすることもできます。画面の右側にある「インスタントアクション」を選択します。ここから、いくつかのF/A-18C Hornet INSTANT ACTIONミッションが表示され、その中から選ぶことができます。
まずは、「FREE FLIGHT」ミッションをお勧めします。また、これらのミッションを利用して、機体の起動、離陸、着陸、ナビゲーション、センサーや武器の使用方法などを練習することもできます。MISSIONS」には、コンバットミッションや練習用ミッションが多数用意されています。

FLIGHT CONTROL

航空機の主な飛行制御装置には、操縦桿、スロットル、ラダーペダルがある。スティックは、機体を左右に動かして旋回したり、機首を上下に動かして上昇・下降したりするのに使います。スロットルは、エンジンの出力とその結果としての対気速度を制御するために使用します。ペダルは、ボートのようにラダーを使って機体を左右に振るために使います。飛行中のペダルの使い方は、横滑りの解消やスムーズな旋回のために限られていますが、地上ではタキシングの際にノーズホイールを回すためにも使われます。


機体を右または左に飛ばすには、行きたい方向に機体を転がし、スティックを軽く引き戻します。操縦桿を引けば引くほど、旋回速度が速くなり、速度が落ちる可能性があります。
コックピットから飛行する場合、[RCtrl]+[Enter]を押すことでコントロールインジケーターの表示を切り替えることができ、フライトコントロールの位置を視覚的に確認することができます。

最大ピッチトリム・デビエーション・インジケーター 離陸前に、ピッチトリムインジケーター(5)をほぼニュートラルな位置に設定すること。
キーボードのみで飛行する場合、主な飛行制御キーは、矢印キーでロールとピッチを制御し、[Numpad+][Numpad-]でスロットルを制御し、[Z]と[X]でラダーペダルを制御します。ジョイスティックをお持ちの場合は、スロットルハンドルやツイストグリップが装備されていることがあり、これでラダーペダルを操作することができます。

F/A-18C HORNET COCKPIT OVERVIEW

コックピットに入ったら、様々なコントロールがどこにあるのか、大まかに理解しておくとよいでしょう。アイテムを見つけやすくするために、Hornetのコックピットを8つの主要エリアに分けています。このガイドの後の章では、これらの場所を参照しています。

F/A-18Cホーネットのコックピットの概要
コックピットに入ったら、さまざまなコントロールがどこにあるか、大まかに理解しておくのが一番です。より簡単にアイテムを見つけられるように、Hornetのコックピットは8つの主要エリアに分けられています。このガイドの後の部分では、これらの場所を参照しています。


Hornet Instant Action Mission: ホーネット・コールド&ダーク。このミッションでは、コックピットを探索し、そのレイアウトに慣れることができます。視界を移動するには

• [Keypad 8]: Up
• [Keypad 6]: Right
• [Keypad 2]: Down
• [Keypad 4]: Left
• [Keypad *]: Zoom In
• [Keypad /]: Zoom Out

LAlt]+[C]を押すと、マウスコントロールがコックピットの操作と視界のコントロールに切り替わります。

Left Instrument Panel

Left Digital Display Indicator (DDI)

左側のDDIは3色(緑、黄、赤)のディスプレイで、航空機の様々な機能や表示を制御するために必要な情報を提供します。DDIには20個のプッシュボタン(PB)があり、機能やモードを選択して適切な表示を行います。左側の一番下のボタンがPB1で、その後、時計回りに各PBボタンの番号が連番になっています。

Brightness Selector Knob

このロータリーノブを OFF にすると DDI は動作しません。ノブをNIGHTに合わせると輝度調整範囲が狭くなり、DAYに合わせると初期設定が明るくなります。

Brightness Control

このノブは、シンボルやテキストの明るさを調節します。時計回りに回転させると輝度が上がり、反時計回りに回転させると輝度が下がります。

Contrast Control

このノブは、任意の明るさのレベルで、シンボルと暗い背景のコントラストを変化させます。(N/I)

Master Mode Buttons

この2つのボタンで、Air-to-Air(A/A)[1]とAir-to-Ground(A/G)[2]のマスターモードを切り替えることができます。マスターモードには、ナビゲーション(NAV)、空対空(A/A)、空対地(A/G)の3つの操作モードがあります。コントロール、ディスプレイ、およびアビオニクス機器の動作は、選択したマスターモードに応じて調整されます。ナビゲーション・マスター・モードは、機体に電源を入れたとき、空対空モードまたは空対地モードの選択を解除したとき、ランディング・ギアを下げたとき、SPINモードが作動したとき、または機体に車輪の重量があり、スロットル・ポジション(パワー・レバーの角度)が56°より大きいときに自動的に入力されます。A/Aマスターモードは、A/Aマスターモードボタンを押すか、操縦桿のA/A武器選択スイッチでA/A武器を選択することで入る。A/Gマスター・モードは、A/Gマスター・モード・ボタンを押すことで選択される。この選択はSMS(Stores Management Set)によって行われ、SMSは選択されたマスターモードをミッション・コンピュータに伝える。

Emergency Jettison Button

EMERG JETT」と書かれた緊急発進ボタンは、外部ストアステーション2、3、5、7、8の親爆弾ラックからストアを発進させます。ボタンを375msecの間押し続けると、噴射が開始されます。

Selective Jettison / Landing Gear, and Flap Position Lights Panel

このパネルには3つの主な機能があります。上段はステーションを選択して切り離すときに使用し、下段はランディングギアとフラップの状態を表示します。

Station Jettison Select Buttons.

このパネルには3つの主な機能があります。上段はステーションを選択して切り離すときに使用し、下段はランディングギアとフラップの状態を表示します。
ステーション・ジェティソン選択ボタン。選択的投棄は、選択的投棄ノブとステーション投棄選択ボタンで行います。ステーション・ジェティソン選択ボタンは、どのウェポン・ステーションを切り離すかを選択するために使用します。選択的投棄ノブは、ステーション投棄選択ボタンで選択されたウェポンステーション上のストアまたはストアとランチャー/ラックのいずれかの投棄を選択するために使用される。ステーションとストア/ランチャー/ラックを選択した後、選択式ジェティソンノブのJETTセンタープッシュボタンを押すことでジェティソンを行う。また、R FUS, MSLまたはL FUS MSLを選択してJETTセンタープッシュボタンを押すことで、右または左胴体のスパローまたはAMRAAMミサイルを選択的に切り離すことができます。選択的投棄は以下の方法でのみ可能です。

ランディングギアを上げてロックし、マスターアームスイッチをARMにした状態で、店舗を安全な状態で切り離します。

ステーション・ジェティソンの選択ボタンは、計器パネルの左端、緊急ジェティソンボタンの下にあります。ボタンにはCTR(中央)、LI(左船内)、RI(右船内)、LO(左船外)、RO(右船外)というラベルが貼られています。ボタンを押すと、内部のライトが点灯し、ジェティソン用のウェポンステーションが選択されます。ステーション・ジェティソン選択ボタンは、バックアップA/Gのウェポンデリバリー・モードでもウェポンの選択に使用される。

Landing Gear Indications.

NOSE、LEFT、RIGHTと書かれた3つの緑色のランディング・ギア・ポジション・ライトがある。このライトは、ギアがダウンしてロックされていること、またはギアリンクがロックされていないことを示す。

Flap Indications

緑色のランプは、航空機が飛行パラメータの範囲内にあり、フライトコントロールコンピュータが選択されたス

  • HALF。FLAPスイッチがHALF設定で、対気速度が250ノット以下の場合。
  • FULL. FLAPスイッチがFULLに設定されており、対気速度が250ノット以下であることを示します。
  • FLAPS。フラップスイッチがHALFまたはFULLの設定で、対気速度が250ノット以上の場合、フラップの状態が異常(いずれかのフラップが外れているか、油圧が不足している)、スピンリカバリーモード、またはGAの場合。

IFEI(燃料・エンジン一体型インジケーター
IFEI(Integrated Fuel/Engine Indicator)エンジン・ディスプレイには、RPM(N2)%、TEMP(EGT)℃、FF(Fuel Flow)PPH、NOZ(Noz)%、OIL(Oil Pressure)psiが左右の液晶ディスプレイに表示されます。外部電源を使用しないエンジン始動時、APUがオンラインになるまではバッテリー駆動でRPMとTEMPのみを表示します。APUがオンラインになるか外部電源が入ると、すべてのエンジンデータが表示されます。

Engine RPM.

エンジンのN2回転数を0~100%表示します。アフターバーナのRPM表示はありません。

Exhaust Gas Temperature

タービンの排気ガス温度(EGT)を0~1,999℃で表示します。

Engine Fuel Flow (FF).

メインエンジンの燃料流量のみを表示します(アフターバーナの燃料流量は表示されません)。表示範囲は300~15000Pounds Per Hour(PPH)で、1時間あたり100Pounds刻みです。数十単位の位置には固定のゼロがあります。燃料流量が320 PPH未満の場合、ゼロが表示されます。

Engine Nozzle Position (NOZ)

排気ノズルの位置を0~100%の開度で10%刻みで表示します。

Engine Oil Pressure (OIL).

エンジンオイルの圧力を0~195psiの範囲で5psi単位で表示します。

IFEIの燃料表示ウィンドウには3つのデジタルカウンターがあり、燃料量をダイナミックに表示します。上段のデジタル・カウンターは、航空機の総燃料量を表示します(10ポンド単位)。中段のデジタル・カウンターは、内部の総燃料量を表示します(10ポンド単位)。デジタルカウンター

上段と中段のカウンターの右側には、ランドインレジェンドと一緒に表示されます(T-総燃料、I-内部燃料)。下段のデジタルカウンターには、選択されたBINGOの燃料量が表示されます(100ポンド単位)。

BINGO.

BINGO燃料の設定は、IFEIの中央にある上下の矢印を押して設定できます。設定された値はBingo Fuelフィールドにポンド単位で表示され、Bingo fuelの注意メッセージや音声アラートのトリガーとして使用されます。
Bingo Fuelは、Total(T)とInternal(I)の燃料量が表示されている場合のみ編集可能です。

MODE Button.

IFEIの中央にあるMODEボタンを押す。ボタンを2回押すと、日にちと時間を設定できます。QTYボタンで、時(H)、分(M)、タイムオフセット(D)、年(Y)の編集を切り替えます。それぞれを選択すると、IFEIの上下矢印で値を調整します。

QTY Button.

IFEIの中央にあるMODEボタンを押す。ボタンを2回押すと、日にちと時間を設定できます。QTYボタンで、時(H)、分(M)、タイムオフセット(D)、年(Y)の編集を切り替えます。それぞれを選択すると、IFEIの上下矢印で値を調整します。

  1. トータル(T)とインターナル(I)。これは通常の表示です。
  2. 左フィードタンク#2(FL)と右フィードタンク#3(FR)。
  3. 左トランスファータンク#1(TL)と右トランスファータンク#4(TR)
  4. 左ウイングタンク(WL)と右ウイングタンク(WR)
  5. 左エクスターナルタンク(XL)と右エクスターナルタンク(XR) 6.
  6. センターラインタンク(C

量表示をトータル+インターナル以外に設定している場合、ビンゴディスプレイには代わりにトータル燃料量が表示されます。
ZONEボタン IFEIのZONEボタンを押すと、TIMEの表示がローカルタイムまたはZULU(Z)タイムに切り替わります。

経過時間(ET)ボタン。ETボタンを1回押すと、経過時間を秒単位でカウントするタイマーがスタートします。2回目に押すと、タイマーが一時停止します。3回目に押すと再開します。ボタンを長押しすると、タイマーはゼロにリセットされます。

IFEIの輝度調整ノブ。IFEIパネルの左下には、IFEI Brightness(BRT)ノブがあります。内部照明パネルのモードスイッチがNITEまたはNVGに設定されている場合、ディスプレイの明るさを調整するために使用します。DAY設定では効果はありません。

Left Engine Fire Warning/Extinguisher Lights

左エンジンで火災が検出されると、「FIRE」と表示されたこのインジケーターが点灯し、「Engine Fire Left, Engine Fire Left」と音声で警告されます。これは赤色の定常点灯です。ファイアーボトルを選択したエンジン/AMADベイに放出するには、パイロットはFIRE警告灯のガードを持ち上げ、FIREボタンを押す必要があります。ボタンには2つのポジションがあります。ボタンを押し込むと、エンジンへの燃料供給が停止し、消火器が作動し、READYランプが点灯します。このFIRE警告ボタンをもう一度押し込むと、ボタンがアウトの位置に切り替わり、そのエンジンの燃料バルブが再び開き、READYランプが消灯します。

Master Caution Light

インストルメントパネルの左上にある黄色いMASTER CAUTIONランプは、コーションランプやコーション表示が点灯したときに点灯します。マスター・コーション・ライトは、押す(リセットする)と消えます。マスター・コーション・ライトが点灯すると、音声が流れます。このボタンは、注意喚起の表示を「再表示」するときにも使用します。

Left Warning/Caution Advisory Lights

左側の警告/注意表示灯は、航空機の正常な動作と、航空機の安全な動作に影響を与えるシステムの誤動作を視覚的に表示します。赤色の警告灯は、通常、飛行に重大な支障をきたす可能性のあるシステムの異常を示し、直ちに対処する必要があります。黄色の警告灯と表示は、常にではありませんが、直ちに対処する必要はないが注意が必要な故障を示します。誤作動が修正されると、警告灯と注意表示は消えます。諮問灯と表示は、安全または正常な状態を示し、日常的な目的のための情報を提供します。

L BLEED

火災およびブリードエアテストスイッチが押されたとき、またはブリードエアの漏れや火災(600 °F)が左エンジンブリードエアダクト内で検出されたときに点灯します。点灯すると、左ブリードバルブが自動的に閉じられます。TEST A または TEST B スイッチが押されているとき、または左エンジンのダクト内にブリードエアの漏れや火災が検出されたときに点灯します。また、「Bleed Air Left, Bleed Air Left」という音声メッセージが鳴ります。L BLD OFF caution が LDDI に表示されます。

R BLEED

Fire and Bleed Air Test Switch が押されたとき、または右エンジンブリードエアダクトでブリードエアの漏れまたは火災(600 °F)が検出されたときに点灯します。点灯すると、右ブリードバルブが自動的に閉じられます。TEST A または TEST B スイッチが押されているとき、またはブリードエアの漏れや火災が右エンジンダクト内で検出されたときに点灯します。また、「Bleed Air Right, Bleed Air Right」という音声メッセージが鳴ります。R BLD OFF 警告が LDDI に表示されます。

SPD BRK.

スピードブレーキが完全に引き込まれていない場合に点灯します。

STBY

コントロールパネルのALQ-165 ECMモードスイッチがSTBYに設定されている場合、STBYランプはECMジャマーがウォームアップモードであることを示します。これは5分間続き、その後タイムアウトして消えます。

L BAR (Red).

ランチバーの故障です。ノーズギアが格納できない。ホイールに重量がある場合のみ、ランチバーを伸ばすことができます。

L BAR (Green)

ランチ・バーがホイールに荷重をかけて伸びた状態。ランチ・バー・スイッチが上昇位置にあるときに消灯します(カタパルト・シャトルは、カタパルト・ストロークの終わりまでランチ・バーを延長位置に保持します)。

REC.

機体が脅威のレーダーに照らされていることを示す。

XMIT

ECMジャマーが送信しているときに点灯します。

GO.

ALQ-165のBITに成功したことを示す。BITモードが選択解除されるまで点灯します。

NO GO

ALQ-165 の BIT が失敗したことを示します。BITモードが選択解除されるまで点灯し続けます。ALQ-126は動作しません。

Fire Extinguisher Pushbutton

このスイッチには、「READY」と書かれた黄色のランプと、「DISCH(放電)」と書かれた緑色のランプの2つがあります。READY が点灯しているときは、消火器ボトルが待機しています。READYランプは、該当する火災警報・消火器ランプが点灯しているときに点灯します。エンジン火災警告/消火器ランプを押すと、フィードタンクでエンジンへの燃料供給が停止します。READYが点灯している状態で、消火器の押しボタンを押すと、消火器ボトルが排出され、DISCHランプが点灯します。

Center Instrument Panel

Heads-Up Display (HUD)

HUDは、選択されたすべての条件の下で、航空機の主要な飛行計器、武器の状態、および武器運搬のディスプレイとして使用されます。HUDは左右のDDIシンボル・ジェネレータ(ミッション・コンピュータ制御下)から攻撃、航法、状況、操舵制御の情報を受け取り、ヘッドアップ・ビューイングのためにシンボロジーをコンビネーション・グラスに投影する。HUDについては、このガイドの後半で詳しく説明します。

Angle of Attack Indexer Lights

AOAインデクサーは、HUDの左側に取り付けられています。AOAインデクサーは、HUDの左側に取り付けられており、アプローチアタックアングル(AoA)を光のシンボルで表示します。対応するAOAの表示はHUDに表示されます。インデクサーは、ランディング・ギアがダウンしていて、Weight-off-Wheelsがあり、エア・データ・コンピュータ(ADC)のAOA信号が有効で、ADCが機能している場合にのみ動作します。ライトアップされたシンボルは、アレスティング・フックが上がっていて、左の垂直パネルにあるフック・バイパス・スイッチがCARRIERになっている場合に点滅します。アレスティング・フックが上がっていて、フック・バイパス・スイッチがFIELDにある場合は、シンボルは点滅しません。このスイッチはソレノイドでFIELDに保持されており、アレスティングフックが下ろされたり、航空機の電源が切られたりすると自動的にCARRIERになります。HUDコントロールパネルのAOA Indexer Knobはシンボルを薄める。
Weight on Wheels(WoW)の場合、インデクサーライトは動作しません。

Upfront Controller (UFC)

UFCは、HUDの下のメイン計器パネルにあります。UFCは、オートパイロット、ILS、データリンク、無線機の選択に使用されます。UFCは、2つのDDIとAMPCDとともに、航法データ、センサー・データ、武器運搬データを入力するために使用されます。

  1. スクラッチパッド・ウィンドウ。スクラッチパッド・ウィンドウは、キーボードで入力した内容を9つの文字で表示します。最初の2文字は英数字、残りの7文字は数字です。
  2. ADF(Automatic Direction Finding)機能選択スイッチ。スイッチを1にするとCOMM 1、2にするとCOMM 2に基づいてADFナビゲーションを設定することができる。 スイッチを中央のOFFにするとADFナビゲーションは無効になる。詳細は「ADF(自動方向探知機)ナビゲーション」の章を参照してください。
  3. COMM 1 ボリュームコントロール。ボリュームコントロールをOFFの位置にすると、COMM1ラジオがオフになります。OFFの状態では、ノブは対応するCOMM 1ラジオのオーディオボリュームをコントロールします。
  4. COMM 1 チャンネル表示。COMM 1 ラジオのチャンネルを表示するウィンドウです。
  5. COMM 1チャンネルセレクター。マウスホイールでノブを回すと、チャンネル1~20、マニュアル(M)、ガード(G)、キューチャンネル(C)、マリタイムチャンネル(M)が選択できます。選択されたチャンネルは、対応するCOMM 1チャンネル表示ウィンドウに表示されます。バネ付きのノブを引く(マウスの右クリック)と、選択されたチャンネルとその周波数がスクラッチパッドに表示され、制御変換器はキーボード入力で選択されたチャンネルの周波数を変更することができます。
  6. COMM 2 ボリュームコントロール。ボリュームコントロールをOFFの位置にすると、COMM 2のラジオがオフになります。OFFポジション以外では、ノブは対応するCOMM 2無線機のオーディオボリュームをコントロールします。
  7. COMM 2 チャンネル表示。COMM 2 チャンネル表示ウィンドウには、COMM 2 ラジオのチャンネルが表示されます。
  8. COMM 2 チャンネルセレクター。マウスホイールでノブを回すと、チャンネル1~20、マニュアル(M)、ガード(G)、キューチャンネル(C)、マリタイムチャンネル(M)が選択されます。選択されたチャンネルは、対応するCOMM 2チャンネル表示ウィンドウに表示されます。マウスの右クリックでバネ付きノブを引くと、選択されたチャンネルとその周波数がスクラッチパッドに表示され、制御コンバータのキーボード入力で選択されたチャンネルの周波数を変更できるようになります。
  9. EMCON押しボタン。ボタンを押すと、レーダー、レーダー高度計、データリンク、Walleyeの送信が禁止されます。EMCONを選択すると、5つのオプションウィンドウにE、M、C、O、Nの文字が縦に表示されます。再度ボタンを押すと、送信機の放射が許可されます。現在は機能していません。
  10. 輝度調整ノブです。BRT(明るい)とDIMのポジションがあります。ノブを時計回りにBRT方向に回すと、オプション表示画面とスクラッチパッド画面の輝度が上がります。
  11. オプション選択の押しボタン 5 つの押しボタンで、表示されているオプションを選択または解除します。
  12. オプション表示ウィンドウ。オプション表示窓には、4文字の英数字で5つのオプションが表示され、選択できます。
  13. 押しボタン式キーボード。押ボタンキーボードには、英数字の押ボタン、CLR(クリア)押ボタン、ENT(エンター)押ボタンがあります。英数字の押しボタンを押すと、対応する英数字がデジタル情報として制御変換器に入力されます。押されたボタンの数字または文字は、スクラッチパッドの右端に表示されます。追加の数字が入力されると、数字または文字は左に移動します。小数点や度/分の記号は、入力された情報に合わせて自動的に正しい位置に表示されます。最後のゼロは必ず入力してください。CLRボタンを押すと、スクラッチパッドやオプション表示のウィンドウが消去されます。CLRボタンを1回押すとスクラッチパッドがクリアされ、2回目に押すとオプション表示ウィンドウがクリアされます。ENTボタンを押すと、スクラッチパッドに表示されているキーボードエントリが

選択した機器の動作を変更したり、ミッション・コンピュータがデータを利用できるようにするために、コントロール・コンバータに送信されます。キーボードでの入力が有効な場合、スクラッチパッドの表示が1回点滅します。入力が無効な場合は、スクラッチパッドが消去されるまで、ERRORと表示され、スクラッチパッドのディスプレイが点滅します。

Function Selector Push buttons.

上の写真のような機能セレクタの押しボタンは、すべて相互に排他的です。機能選択用押しボタンを押すと、その機器の制御オプションがオプションウィンドウに表示されます。オートパイロットボタンを押すと、選択されたオートパイロットモードのオプションがオプションウィンドウに表示され、希望のモード/モードがコロン(前に)で表示されます。オートパイロットボタンを押しても、オートパイロットは作動しませんのでご注意ください。機器の電源が入っているときは、スクラッチパッドの最初の2つの英数字にONという文字が表示されます。機器の電源が入っていないときは、最初の2つの英数字には何も表示されません。機能選択用押しボタンを2回目に押すと、UFCの表示が消えます。機能選択ボタンを押すか、チャンネル選択ノブを引くか、ミッション・コンピュータからUFCモード・コマンドを受信すると、それまでの活動がすべて終了し、それまでの入力内容はすべて保持され、新たに選択したモードのオプションが表示される。

Autopilot Pushbutton (AP).

自動飛行制御システム(オートパイロット)には、パイロットリリーフとデータリンクの2つの基本モードがある。パイロットリリーフモードは、ヘディングホールド、ヘディングセレクト、アティチュードホールド、気圧高度ホールド、レーダー高度ホールドで構成されています。自動飛行制御モードのコントロールは、アップフロントコントロール(UFC)のスイッチ、ヘディング&コースセットスイッチパネルのヘディングセットスイッチ、操縦桿の自動操縦解除/ノーズホイールステアリングスイッチで行います。どのモードを選択するにしても、バンクは70°以下、ピッチは45°以下、そしてA/P押しボタンが押されていなければなりません。A/P押しボタンを押すと、パイロットの救援方法が表示されます。A/Pボタンを押すと、UFCのオプション表示画面に、ATTH(姿勢保持)、HSEL(方位選択)、BALT(気圧高度保持)、RALT(レーダー高度保持)のパイロット・リリーフ・オプションが表示されます。UFCでパイロット救済オプションが選択されると、選択されたディスプレイの前にコロン(:)が表示され、選択されたモードがDDIアドバイザリーディスプレイに表示されます。オプションが利用できない場合は、表示されません。
A/Pボタンを押すと、オートパイロットのオプションが表示され、希望するモードの横にあるオプション選択ボタンを押すと、希望するモードがコロニー化されます。コロン化を解除すると、操縦桿の自動操縦解除パドルを操作した場合と同様に、自動操縦が解除される。

ATTH:

姿勢保持モードが選択されます。ATTHと表示されたオプション表示窓の横にあるオプション押しボタンを押すと、Attitude Holdが有効になります。姿勢保持が有効になると

BALT:

大気圧高度保持モードが選択されています。大気圧高度保持を行うには、BALTと表示されたオプション表示窓の横にあるボタンを押します。BALT:気圧高度保持モードを選択。ヘディングまたは姿勢の保持は、以前にどちらのモードを使用したかによって決まります。動作範囲は0~70,000フィートです。ATTHまたはHSELをBALTで選択すると、横方向のコントロールが可能になります。

HSEL:

ヘディングセレクトモードが選択されます。ヘディングセレクトモードにするには、中央の DDI の左側にあるヘディングセットスイッチを使って HSI ディスプレイで希望のヘディングを選択します。HSEL が表示されているオプション表示画面の横にあるボタンを押します。機体は既存の方位から最小の角度を経て、選択された方位に旋回します。選択されたヘディングを捕捉した後、ヘディングホールドが再開されます。現在のピッチ姿勢は維持されます。

RALT:

レーダー高度保持モードが選択されています。レーダー高度を保持するには、RALTと表示されているオプション表示画面の横にある押しボタンを押します。RALTの隣のウィンドウにコロンが表示されている場合は、係合していることを示しています。レーダーの高度は保持されます。レーダー高度の保持範囲は、0~5,000フィートです。他のモードを選択していない場合、横軸制御はヘディングホールドのままです。この構成では、ロールトリムスイッチを使用して、高度を維持したまま最大45°までの自動旋回調整が可能です。RALTでATTHまたはHSELを選択すると、横方向のコントロールが可能になります。

CPL.

Coupled モードが選択されています。Coupled Autopilot Modeを使用する」を参照してください。

TCN Pushbutton (TCN).

TACANシステムを有効にするには、TCN押しボタンを押します。これにより、TACANコードとON/OFFステータスがUFCのスクラッチパッドに表示され、UFCオプションウィンドウにTACANモードのオプションが表示されます。これらには以下が含まれます。

  • T/R: 送信/受信。
  • RCV:受信
  • A/A: エア・ツー・エア
  • X: Xバンド
  • Y:Yバンド

これで、ON/OFF セレクタの押しボタンを操作して、TACAN システムを ON にすることができます。TACANのチャンネル番号はUFCのキーパッドで変更することができます。T/R モードでは、TACAN は選択された TACAN ステーションからのベアリングを計算し、スラントレンジを測定します。RCVモードでは、選択されたTACAN局からの方位のみが計算されます。A/Aモードでは、質問と応答は、ある航空機から別の航空機へのシングルパルスのみである。HSI上にはベアリングとレンジの情報を持つTACANがプロットされています。HSI上でTACANがボックス表示されている場合、レンジ情報はHSIとHUDに表示されます。コースラインが選択され、NAVモードになっている場合、HUDにはステアリング情報が表示され、HSIの右下には距離のあるコースラインが表示され、その横にはCが表示されます。例えば、コースラインから15マイル離れている場合は「15 C」と表示されます。この機能は、空母の着陸パターンの風下側で、空母のTACANを選択し、空母のコースラインを設定した後、180°旋回を開始するまでの風下側でコースラインと平行に1.2マイル飛行する際に非常に有効です。
詳しくはTACANナビゲーションの章を参照してください。


Microsoft Flight Simulator F/A-18C HORNET COCKPIT OVERVIEW